学校関係の方へ

「教育現場での経験と途上国での活動。双方の経験により、ボランティア参加者の力が発揮され、磨きがかかる」との声が経験者や所属先から聞かれています。JICAでは文部科学省や全国の地方自治体と連携して「現職教員特別参加制度」や「ボランティア経験者採用」を推進するなど、途上国と日本双方の「ひとづくり」への貢献を目指しています。 また、国際協力理解教育や途上国での活動を大学や大学院での学びに生かしている事例も紹介します。JICAボランティアの事業概要についてはこちらをご覧ください。