日本語教育

「日本語教育」隊員とは?

「日本語教育」隊員の活動には、以下のような活動があります。

  • ・日本語、日本文化・日本事情に関する授業の実施
  • ・現地教師の日本語運用能力や教授技術の向上のための協力
  • ・日本文化祭、スピーチコンテスト等のイベントの企画・実施
  • ・教材の作成や見直し
  • ・カリキュラムやシラバスの見直し

主な配属先は中学校・高校、大学、専門学校、日系日本語学校等になります。

  • 国立大学の観光学科で、日本の浴衣を着る体験をする学生(サモア)

  • 日系日本語学校で色の名前を覚える活動をする子どもたち(アルゼンチン)

  • 中等教育の外国語教育として日本語を教える隊員(中華人民共和国)

「日本語教育」隊員には何が必要?

  • ・日本語教育に関する知識・技能(以下のいずれかを満たす。)
    -420時間程度の日本語教師養成講座(通信講座を含む)の修了
    -大学または大学院の日本語教育主専攻・副専攻などの修了
    -日本語教育能力検定試験合格
  • ・日本語を客観的に分析できる能力、学習者の母語(現地語)の習得に意欲的な姿勢
  • ・教科書・教材不足であっても授業を組み立てられる柔軟性
  • ・同僚教師と協働して、現地の状況に応じたコース運営やイベントの企画・実施ができる力
  • ・日本文化(着付けや茶道、書道など)に関する知識や経験(部活やサークル等の経験も可)

「日本語教育」隊員のシゴト Q&A

日本語教師としての実務経験は絶対必要ですか。

配属先が実務経験を条件としていないこともあります。しかし、日本語教育隊員は即戦力として学校などで日本語の授業を行うこと、同僚教師の成長を助けることが求められる配属先がほとんどですので、クラス形式での授業を経験しておくことを勧めます。

JICA海外協力隊 日本語教育ガイド

関連記事

協力隊が挑む世界の課題

阿部 由美子さん 外国語大学で 日本語を教える。

JICA海外協力隊の人とシゴト

江本 敦子さん 川奈部 くに子さん 吉田 吏沙さん 市川 伴武さん

〜JICA海外協力隊の経験を生かし、国際交流基金のプログラムでも
多数の日本語教師が活躍しています〜

国際交流基金 世界で日本語を教えよう!

JICA海外協力隊 シゴト検索

職種から・興味のある国から・キーワードで あなたにあった仕事を探そう

今すぐシゴトを探す(要請情報検索画面へ)

画面の見方はこちらをご覧ください。

シゴトを知る【一般案件】職種紹介一覧に戻る
募集情報
長期派遣
JICA海外協力隊の種類
募集要項・応募方法
応募から選考までのスケジュール
合格から派遣までのスケジュール
・派遣前訓練
シゴトを知る
シゴトを探す
・要請・職種情報
 (長期一般案件) 
・要請・職種情報
 (長期シニア案件)
応募時提出物
語学力審査について
短期派遣
募集要項
応募から派遣までのスケジュール
シゴトを探す
・要請・職種情報
 (短期一般案件) 
・要請・職種情報
 (短期シニア案件)
応募方法
語学力審査について
よくある質問
JICAの支援制度
青年海外協力隊
/日系社会青年海外協力隊
・待遇と諸制度
・健康と安全
・帰国後の進路開拓
・現職参加について
・現職教員特別参加制度
短期派遣
・待遇と諸制度
・健康と安全
健康診断について
・感染症について
シニア海外協力隊
JICA海外協力隊の種類
募集要項・応募方法
応募から選考までのスケジュール
合格から派遣までのスケジュール
・派遣前訓練
要請の見方
シゴトを探す
応募時提出物
語学力審査について
シニア/短期
募集要項
応募から派遣までのスケジュール
シゴトを探す
応募方法
語学力審査について
よくある質問
JICAの支援制度
シニア海外協力隊
/日系社会シニア海外協力隊
・待遇と諸制度
・健康と安全
・現職参加について
短期派遣
・待遇と諸制度
・健康と安全
健康診断について
・感染症について