研修(2022年度)

①隊員経験の棚卸と「はたらく」を考える

これからのキャリア形成を目的として、3か月に1回程度実施します。

プログラムの内容は、
1.応募から訓練、協力隊活動までの協力隊経験の整理、振り返り、
2.社会人として、また、ボランティア活動を通じて醸成された個人の価値観を考える。
研修時間は3時間半で、講義、演習、グループに分かれ参加者同士話し合いの場もあります。


【対象者】2020年3月以降派遣期間を終了された協力隊員で、対象者には別途案内をお送りします。
研修の定員目安は各回25人です。

【研修実施日(予定)】2022年6月25日(土)2022年11月5日(土) 2023年2月25日(土)いずれも9時~

【問い合わせ】スケジュール詳細につきましては、青年海外協力隊事務局人材育成課
(jvtpc-sinrosien5@jica.go.jp)までお問い合わせください。

帰国後研修 帰国後研修

参加された方の声
○今後の自分の働き方、生き方を考えるきっかけになるいい研修でした。ありがとうございました。
○講師の先生方の講座や、手法はとても良かったです。ありがとうございました。
○隊員同士で経験をシェアしたり、相手から自分の活動に対してコメントをもらう機会が少ないので貴重な良い時間になりました。ありがとうございました。


②災害ボランティア研修(導入編)

災害ボランティアへ参加するにあたっての心構えや被災地で円滑に活動するための基礎知識を身に着けることを目的として、3か月に1回程度実施します。

プログラムの内容は、
1.災害ボランティアに参加するには(方法・心構え等基礎知識)
2. ボランティア受入団体からの声 
研修時間は3時間で、講義のほか、参加者同士でグループワークの場もあります。

【対象者】協力隊経験者のうち、まだ災害ボランティア現場経験のない方、または災害ボランティアに興味のある方に別途案内をお送りします。
研修の定員目安は各20人です。

【研修実施日(予定)】2022年5月25日(水)18時~ 2022年7月23日(土)9時~ 2022年10月19日(水)18時~ 2023年1月21日(土)9時~

【問い合わせ】スケジュール詳細につきましては、青年海外協力隊事務局人材育成課
(jvtpc-sinrosien5@jica.go.jp)までお問い合わせください。


③現職教員向け

現職教員として派遣され、現在も教員の方を対象として実施します。

プログラムの内容は、
1.現職教員として参加し復職した隊員同士で、気持ちの共有、変化(ギャップ、悩み、隊員赴任前と帰国後の気持ち)を話し合う。
2. 現職教員OVの先輩方から、帰国後の気持ちの持ち方や経験の活かし方についてアドバイスを頂く。
研修時間は3時間で、講義のほかに、参加者同士でのグループワークの場もあります。

【対象者】現職教員として派遣され、現在も教員の方
研修の定員目安は20人です。

【研修実施日(予定)】2022年8月7日(日)9時30分~

【問い合わせ】スケジュール詳細につきましては、青年海外協力隊事務局人材育成課
(jvtpc-sinrosien5@jica.go.jp)までお問い合わせください。

・帰国隊員進路情報ページ