OB・OG著書紹介

JICAボランティアOB/OGが執筆、編集した書籍を紹介します。

2017年

『ほしのこどもたち』

『ほしのこどもたち』

著者:佐藤ふみ(ガボン H20-2 エイズ対策)
発行:文芸社
定価:1,200円(税別)

青年海外協力隊でエイズ孤児の在宅訪問をしていた著者は、子供たちとの交流を通し、こどもの世界を広げ、夢を持って成長する糧になる「絵本」の力を知りました。
帰国後、絵本や紙芝居を創作し、児童館、学童や子供会で披露しています。
本書は『ほしのこどもたち』シリーズの第一弾です。
双子座のポルが、プラネタリウムにおちた兄カルをさがしに、流れ星になって地上におちていく兄弟愛が描かれています。
また、ラストページの88星座のイラストなど、宇宙・天文への興味を後押ししてくれるでしょう。

『<初級者の間違いから学ぶ>日本語文法を教えるためのポイント30』

『<初級者の間違いから学ぶ>日本語文法を教えるためのポイント30』

編著:高嶋幸太(モンゴル H21-4 日本語教師)、関かおる
著者:岩原日有子(パラグアイ H21-4 日本語教師)、内山聖未(トンガ H12-2 日本語教師)、川野さちよ(ベトナム H21-4 日本語教師)、Tran Thi My
発行:大修館書店
定価:2,200円(税別)

本書は『その日本語、どこがおかしい? 日本語教師のための文型指導法ガイドブック』(国際語学社)を『<初級者の間違いから学ぶ>日本語文法を教えるためのポイント30』とリニューアルし、増補改訂新装版として刊行されたものです。新規の文法項目や追加付録なども収め、旧版に1,000か所以上の加筆・修正が施されているので、より使いやすい指導参考書になっています。日本語の授業をする際に役立つ1冊です。

『農業普及員ひろしのトルコ日記 56才の誕生日を目前にチャレンジ2年間の奮闘記』

『農業普及員ひろしのトルコ日記 56才の誕生日を目前にチャレンジ2年間の奮闘記』

著者:里見洋司(トルコ H26-4 野菜)
発行:まつやま書房
定価:1,500円(税別)

本書は、著書のフェイスブックへの投稿を中心にまとめたトルコ共和国ギレスン県に派遣されたシニアボランティア隊員(野菜栽培)の2年間の記録です。
任地には4人のシニアボランティアが派遣されたが、活動開始前にプロジェクトは破綻していました。しかし、著者を中心に地域の最貧地域であるチャモルックの活性化を目指して、ハウスイチゴ栽培の導入とインゲン豆の生産拡大に取り組んでいきます。極めて保守的なトルコの農村において、粘り強く地域の社会と人々に馴染みながら、次第に信頼関係を築き、隊員自身と地域の人々が変化していきます。
美しいトルコの自然、ギレソンにおける子供達や地域住民との交流を含め、世界一の親日国トルコの魅力を存分に味わってください。

過去の書籍はコチラから

・帰国隊員進路情報ページ