小学校教育

「小学校教育」隊員とは?

現地の先生と一緒に、「算数、理科、音楽、体育、図工」等の授業を行ったり、授業手法や教材の改善に取り組んだりすることで、児童がよりよい教育を受けられる環境づくりを行います。配属先により、活動の種類は3つに大別されます。

  • ・小学校に配属され、現地の教員とともに授業を行う。
  • ・県や市の教育事務所などに配属され、傘下の小学校を巡回指導、または地域の教員研修会を実施する。
  • ・教員養成校で小学校教員の育成をサポートする。
  • 子どもたちと一緒に作る「学級のきまりごと」。①時間を守る②困っている人を助ける・・など。(ボリビア)

  • 日本の小学校の子どもたちとの文通。(タンザニア)

  • 図工の時間 紙でオリジナルの民族衣装を作る。(ベナン)

「小学校教育」隊員には何が必要?

途上国の文化や価値観を尊重し、現地の教員と共に活動する協調性を備えた人。その上で、日本の小学校の現場で働いたことがある方が望ましいです。小学校教諭免許をお持ちの方を主な対象としますが、下記のいずれかの要件を備えていれば、十分に応用が可能です。

  • ・教員を目指している学生の方で、学齢期の児童に教科の指導をした経験がある方
  • ・教育系の開発コンサルタント、国際協力分野で就職を目指す学生の方
  • ・学校(中・高)での教科指導(教科不問)経験がある方、特別支援学校で働いたことがある方

「小学校教育」隊員のシゴト Q&A

応募時点で、小学校教諭免許は必須ですか?

教諭免許は、第一種小学校教諭免許、第二種小学校教諭免許、小学校教諭免許専修の3種類を指し、これらを応募時点、またはJICA海外協力隊派遣時点で取得していることが望ましいですが、小学校教諭免許を必須としない要請もあります。その場合は、塾、学習支援ボランティア、学童保育等での児童への指導経験の内容を参考に、適性を判断します。また、校種・教科を問わず教員免許を必須とする要請もあります。

希望どおりの要請に派遣されますか?

あなたのこれまでの指導歴を踏まえ、最も適切な要請を選定します。また、応募者の希望が集中しやすい国や要請があるため、必ず希望した要請に合格するとは限りません。応募時には、ご自身の経験・キャリアが最も活かされやすいと考えられる要請を選ぶこと、その理由をしっかりと説明できることが大事です。

教員養成校や教育事務所の配属先でも、子どもと触れあうことがありますか?

教員養成校や教育事務所の配属先に派遣された場合でも、子どもに触れあう機会はあります。多くの教員養成校に付属の小学校があり、直接指導する機会があること、周辺の小学校への巡回活動があること、また、教育事務所への配属の場合にも、多くの場合、小学校への巡回指導活動が含まれているからです。

JICA海外協力隊 シゴト検索

職種から・興味のある国から・キーワードで あなたにあった仕事を探そう

今すぐシゴトを探す(要請情報検索画面へ)

画面の見方はこちらをご覧ください。

シゴトを知る【一般案件】職種紹介一覧に戻る