プロジェクト概要

プロジェクト名

(和)ルサカ郡一次レベル病院運営管理能力強化プロジェクト
(英)Project for strengthening Management Capacity of the First Level Hospitals in Lusaka District

対象国名

ザンビア共和国

署名日(実施合意)

2020年12月10日

協力期間

2021年5月27日から2026年5月26日

相手国機関名

ザンビア保健省、州保健局、郡保健局、対象の5つの一次レベル病院(マテロ、チレンジェ、チパタ、カニャマ、チャワマ)

背景

ザンビアでは、プライマリー・ヘルス・ケアサービスは、アウトリーチ活動・保健ポスト・保健センター・郡病院(一次レベル病院)において提供され、一次レベル病院は簡易な手術等の基礎的な医療を提供する病院として保健施設の中でも重要な役割を担う。しかし、人口約1786万人(2019年)のザンビア全国において、一次レベル病院の設置数は99箇所であり施設数が不足しており、また既存の施設における運営管理・提供されるサービスの質が課題となっている。さらに、ルサカ郡を含む都市部では、急激な人口増と一次レベル病院の機能の脆弱さにより、二次・三次レベル病院が本来は一次レベル病院が対応すべき簡易な手術等に対応せざるを得ず、本来の高次機能病院の役割を十分に果たせなくなっている。よって、プライマリー・ヘルス・ケアサービスの強化、及び病院の各レベルに応じた治療を可能とするために、当国においては一次レベル病院の機能強化が喫緊の課題となっている。
ザンビア保健省の予算は年々増加傾向にあるとされているものの、実際に支出される病院運営管理予算は逼迫してしており、患者はX線診断や超音波診断、処方薬品の購入(病院に在庫がない場合)等に費用負担を強いられる一方、病院側は必要な人材の新規雇用、人材育成にかかる研修、適切なインターン医師教育、医薬品及び医療消耗品の購入、院内感染対策に必要な物品購入などを実施出来ていない。医療機材においても、技術者の不足や消耗品・スペアパーツの調達困難、予防的なメンテナンスの欠如などメンテナンス体制に大きな問題があるとされる。また、一次レベル病院のマネジメントを担う人材は、病院運営・経営に関する基礎的な知識およびマネジメント技能を習得する機会がないまま病院運営を任されていることが多く、病院の内部モニタリングに基づく改善や、資源の十分な活用や戦略的な病院運営管理計画の策定ができていない。
また、2020年の新型コロナウイルス感染症(以下「COVID-19」)の流行において、ザンビアのCOVID-19陽性ケースは院内感染に起因する事例が少なくないといわれ、COVID-19禍において一次レベル病院の感染対策強化の必要性が再認識され、ザンビア保健省も優先課題としている。
上記を背景に、本事業は、ルサカ郡一次レベル5病院において、モニタリングに基づいた問題改善能力の強化、感染対策の強化、病院レベルで対応可能な医薬品・消耗品のストック管理・施設機材メンテナンスの実施、及び対象5病院、ルサカ州保健局(Provincial Health Office。以下「PHO」)、ルサカ郡保健局(District Health Office。以下「DHO」)及びMOHの連携強化を行うことにより、当該病院におけるサービスの質改善のための病院運営管理能力の強化を図り、もってルサカ州の一次レベル病院における病院運営管理能力の強化に寄与することを目指している。

目標

上位目標

ルサカ州の一次レベル病院における病院運営管理能力が強化される。

プロジェクト目標

対象5病院においてサービスの質改善のための病院運営管理能力が強化される。

成果

1.各病院において、モニタリングに基いて現状を評価し、問題点を抽出し、問題点を改善する能力が強化される。
2.各病院において一次レベル病院で実施すべき感染対策が強化・遵守される。
3.各病院において、病院レベルで対応可能な医薬品・消耗品のストック管理・施設機材メンテナンスが実施される。
4.5病院、PHO、DHO及びMOHの連携が強化される。

活動

1.各病院において、モニタリングに基いて現状を評価し、問題点を抽出し、問題点を改善する能力が強化される。

1-1.対象5病院の病院運営管理に関する能力と課題点を評価する。
1-2.病院運営モニタリングチェックリストを開発する。(既に土台がある場合には、上記の課題の解決策を踏まえて改訂する)。
1-3.各病院において病院運営管理モニタリングの基本計画を策定する。
1-4.各病院において活動1-3の計画に基づいて定期的に病院運営管理モニタリングを実施する。
1-5.各病院において病院運営委員会(または質管理委員会)を定期的に開催する。
1-6.各病院の病院運営委員会(または質管理委員会)において、病院運営管理モニタリングの結果が共有される。
1-7.各病院の病院運営委員会(または質管理委員会)において、病院運営管理モニタリングの結果をもとに改善計画が立案される。
1-8.各病院の病院運営委員会(または質管理委員会)において、活動1-7の改善策に対するモニタリングが定期的に実施される。
1-9.改善された事例をグッドプラクティスとして各病院の病院運営委員会(または質管理委員会)で共有する。

2.各病院において一次レベル病院で実施すべき感染対策が強化・遵守される。

2-1.対象5病院の院内感染対策に関する現状と課題点を評価する。
2-2.ICP(感染管理担当者)チームをその役割、責任及び権利を明確にして立ち上げる。
2-3.ICPスタッフのために感染管理に関する必要な訓練を実施する。
2-4.院内感染対策のマニュアルを改訂する。
2-5.2-4の院内感染対策のマニュアルに基づいて全職員向けの研修を実施する。
2-6.対象5病院における院内感染対策のグッドプラクティスをルサカ州・南部地域アフリカ各国に共有するためのワークショップを実施する。

3.各病院において、病院レベルで対応可能な医薬品・消耗品のストック管理・施設機材メンテナンスが実施される。

3-1.各部署におけるストック・施設機材の管理責任者とTOR(日常的な管理から病院責任者へ報告する範囲)を策定する。
3-2.各部署の管理責任者向けの研修を実施する。
3-3.現場医療者向けストック・資機材管理の研修を実施する。
3-4.病院責任者が優先順位をつけて中央(DHO/PHO)へ医薬品・機材修理の申請をするための研修を実施する。

4.5病院、PHO、DHO及びMOHの連携が強化される。

4-1.病院運営管理におけるPHO、DHO及び一次レベル病院の役割を明確にする。
4-2.州レベル病院運営管理委員会を定期的に開催する。
4-3.PHO/DHOから対象5病院を視察・指導するM&Sの基本計画を策定する。
4-4.活動4-3に基づいてPHO/DHOから5病院を視察・指導するM&Sを定期的に実施する。
4-5.対象5病院の成果1・2・3におけるグッドプラクティスを州レベル病院運営管理委員会で共有する。
4-6.成果1・2・3に関連し、グッドプラクティスを裏付けるためのオペレーショナルリサーチを実施し、その結果を郡保健局・州保健局・保健省を通して郡内・州内・国内・周辺国に発信する。

投入

日本側投入

専門家派遣

長期3名:チーフアドバイザー/病院マネジメント、質管理/感染管理、業務調整

短期専門家(必要に応じて検討)

プロジェクト運営コスト

研修、ステークホルダーフォーラム等
介入サイトでの活動費用

プロジェクト運営に必要な機材供与

カウンターパートの第三国及び本邦研修

相手国側投入

カウンターパートの配置

保健省、州保健局、郡保健局、各病院

専門家執務スペース

プロジェクト事務所およびサイトの運営コスト

カウンターパートの給与

プロジェクト運営に必要なランニングコスト