投資家の皆様へ

JICA債−社会貢献債
持続可能な開発目標(SDGs)への貢献

【画像】

SDGs

2015年9月、ニューヨーク国連本部において「国連持続可能な開発サミット」が開催され、193の加盟国によって「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。この2030アジェンダが掲げているのが持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)です。SDGsは17の目標(ゴール)と169のターゲットで構成されています。

社会貢献債としてのJICA債

日本政府が策定する日本のSDGs実施指針にSDGs達成に向けた民間資金の動員のツールとして「社会貢献債としてのJICA債の発行」が挙げられています。

SDGs実施指針改定版(2019年12月)

【画像】

JICA債で調達した資金等を活用した持続可能な社会の実現への取り組みを紹介した広告シリーズ「JICA債が担う未来」をご覧いただけます。

インパクト投資の運用原則

2019年8月、JICAは国際金融公社(International Finance Corporation:IFC)が策定したインパクト投資の運用原則に署名しました。
この原則は、2019年4月に策定され、経済的便益のみならず、社会・環境に対するインパクトに関心を有する企業・機関への投資の要件を示すものです。JICAは日本で初めて同原則に署名した機関であり、これからも民間セクターに対する支援を通じて、SDGs達成に積極的に貢献していきます。

投資家からの投資表明

JICA債への投資を表明して下さっている機関投資家の方々が増えてきています。

格付け・メディア情報

債券に関するお問合せ

個人投資家の皆様へ
リテール向け「JICA債」に関する詳細情報についてはこちらをご覧ください。