持続可能な開発目標(SDGs)とJICAの取り組み

世界共通の目標「持続可能な開発目標(SDGs)」

「誰一人取り残さない−No one will be left behind」

2015年9月、ニューヨーク国連本部において「国連持続可能な開発サミット」が開催され、193の加盟国によって「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ(2030アジェンダ)」が全会一致で採択されました。

2030アジェンダでは、「誰一人取り残さない−No one will be left behind」を理念として、国際社会が2030年までに貧困を撲滅し、持続可能な社会を実現するための重要な指針として、17の目標(ゴール)が持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)として設定されました。SDGsは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(Millennium Development Goals:MDGs)の後継とされており、MDGsの残された課題、この15年間に顕在化した都市、気候変動、格差などの課題の解決を目指します。

SDGs達成のためには、一人ひとりに焦点を当てることが必要です。これを、貧しい国、中所得国、豊かな国のあらゆる国々で取り組むことが必要です。また、民間企業や市民社会の役割が益々高まり、あらゆるステークホルダーが連携すること(グローバル・パートナーシップ)も求められます。

【画像】

SDGs達成に向けたJICAの取り組み方針「3本の柱」

【画像】「日本は『人間の安全保障』の実現をてことして、SDGs達成への取り組みでも国際社会をリードしていく立場にあります。JICAはこれまでに培ってきた経験やノウハウ、ネットワークをフルに生かし、そのフロンティアを拓いていく役割を担っています。(JICA理事長 北岡伸一)」

JICAは、2000年から15年間にわたり国際社会が力を入れて取り組んできたMDGsにおいても、途上国の貧困に苦しむ人口の削減、乳幼児死亡率の削減、水や衛生施設の提供など大きな成果を上げてきました。これらの知見・経験、そして60年に及ぶ開発協力の経験とネットワークを生かし、SDGs達成に向けても、以下の3本の柱を中心に取り組んでいきます。

  1. JICAは、国際社会の平和、安定、繁栄を目指し、人間の安全保障と質の高い成長を実現する。SDGsは、この理念を加速、推進するものであり、JICAはリーダーシップを発揮しゴールの達成に積極的に取り組む。
  2. JICAは、我が国自身と開発協力の経験を活かし、SDGsの10のゴールについて中心的役割を果たす。【10のゴール:飢餓・栄養、健康、教育、水・衛生、エネルギー、経済成長・雇用、インフラ・産業、都市、気候変動、森林・生物多様性】
  3. JICAは、SDGs達成を加速するため、国内の知見の活用、国内外のパートナーとの連携、イノベーションを図り、SDGsの達成に向けてインパクトを確保する。

JICAのSDGs達成のための取り組み紹介

JICAは様々な取り組みを通じてSDGs達成に貢献しています。その一部をご紹介します

3 すべての人に健康と福祉を

【画像】

4 質の高い教育をみんなに

【画像】

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

【画像】

17 パートナーシップで目標を達成しよう

【画像】

【各国でのSDGsの計画策定をサポート】

【SDGsにおける民間企業の活躍を期待】

【社会的投資の拡大に向けて】

SDGsを伝える・広める

【画像】