カブール市道路建設管理能力強化プロジェクト

アフガニスタン・イスラム共和国(以下、アフガニスタン)の都市は、急激なペースで都市化が進行しており、首都カブール市人口は現在推計で約400万人、またこの急増の傾向は続き2025年には650万人に達するとの予測もある。人口増加に伴う自動車登録台数の増加により、交通渋滞も悪化している。タリバン政権崩壊後、ドナーの支援により市内道路は約300kmが整備されたが、老朽化や人口増加に伴う道路整備の需要が高まり、カブール市内の道路舗装率は20%(2012年)と整備状況は不十分で都市交通での弊害となっている。道路の維持管理についてもカブール市には重要な役割が求められているが、治安情勢や行政能力不足から成果が…

更新情報

2019年8月19日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年8月16日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年8月14日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年8月13日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年8月9日
プロジェクト概要」を更新しました。
対象国:
アフガニスタン
課題:
運輸交通
署名日:
2016年7月18日
協力期間:
2016年9月23日から2019年9月30日
相手国機関名:
カブール市役所

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。