過積載車両管理・規制能力強化プロジェクト

バングラデシュでは経済成長に伴い道路の整備が進められていますが、国境に至る主要幹線道路の交通量は、経済の発展に伴い増加傾向が続いており、それに加え、過積載車両の頻繁な往来が、道路・橋梁インフラの損傷などの一因となっていると指摘されています。また、過積載車両が関係する横転や荷物の逸脱落下等の重大事故が発生しており、これらの対応を含む、適切な道路の保全・維持管理が喫緊の課題となっています。このため、主要幹線道路を安全かつ適切に使用し、維持管理するため、大型車両などの過積載対策の実施体制強化を目的として「過積載車両管理・規制能力強化プロジェクト」が実施されています。

更新情報

2022年4月28日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2022年2月9日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年7月1日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
バングラデシュ
課題:
運輸交通
署名日:
2020年3月2日
協力期間:
2020年8月1日から2024年7月31日
相手国機関名:
実施機関:道路交通橋梁省 道路・国道部
関係機関:道路交通橋梁省 道路局、交通警察、道路交通機構、陸港機構