北岡理事長がコロンビア大学IPDのスティグリッツ教授と会談

2019年8月29日

スティグリッツ教授(右)と北岡理事長

北岡伸一JICA理事長は、8月26日、コロンビア大学政策対話イニシアティブ(the Initiative for Policy Dialogue : IPD)のジョセフ・スティグリッツ教授、アクバル・ノーマン教授とJICA本部で会談しました。

冒頭、北岡理事長から、両教授のTICAD7出席のための来日を歓迎するとともに、これまでのJICAへの助言、JICA研究所との共同研究に対する感謝の意を表明しました。続いて、北岡理事長よりABEイニシアティブによるアフリカの若者の日本への留学を通じた人材育成に関して説明し、両者は、アフリカにおける産業人材育成の重要性について再確認しました。また、アフリカの国々における経済成長格差の増大、国内所得格差の拡大、今後の人口増加に対応した雇用機会の創出等に対処するための経済構造改革について、意見交換を行いました。更に、自国第一主義が広まり国際協調が後退している現状について懸念を共有しました。

JICAは、今後もスティグリッツ教授が率いるコロンビア大学IPDとの協力関係を発展させていきます。