研修員受入事業

研修員受入実績

ベリーズにおける研修員受入事業は1986年に開始されました。ベリーズの開発の中核を担う人材を、研修員として本邦ないしは第三国で実施する研修に受け入れ、その累計は、これまでに300名を超えています。

近年では、ベリーズの重点分野である「防災・環境」「格差是正」を軸に、ベリーズからの要請に応えつつ、防災、環境(廃棄物管理、自然環境保全、生物多様性保全等)、教育行政、民間セクター開発(観光振興等)、ガバナンス強化(地方自治等)などの分野の研修員を、本邦にて実施される課題別研修や青年研修に受け入れています。

  • 研修員受入累計:315名(2020年3月31日現在)