各分野の支援

(1)教育分野の支援

「視覚的に訴え子どもたちの興味を惹く授業」を目的に、小・中学校の教員に対するアイディア提供やガーナにある材料を使った教材の紹介などを行う理数科教師、小学校教諭、PCインストラクターのボランティアが活動しています。

また、同様の分野で活動するボランティアが集まって、教材開発のワークショップを開催したり、直接生徒たちに対する模擬授業等も行っています。

【写真】【写真】【写真】

理数科教師隊員とシニア海外ボランティアの活動の様子

(2)保健分野の支援

より多くの人々が健康的な環境と生活を得られるよう、保健サービスの地域格差改善や保健機能の向上を目指して、医療従事者だけに留まらず、コンピュータ技術や行政システムの支援など様々な側面からボランティアが活動しています。主な派遣先は地方の保健行政機関であり、医療施設もままならない地域での住民の視点に立った取組みを行っています。

【画像】

エイズ対策隊員活動の様子

【画像】

水ろ過用のネットを点検する隊員

(3)産業人材育成の支援

日本の高等専門学校や工科短期大学に相当する学校、あるいは職業訓練校にて、自動車整備、服飾、家政、電子工学、コンピュータなどを専門とするボランティアが活動しています。

生産業の底上げには地方零細企業の発展は欠かせないものであり、ボランティアは草の根レベルでの地道な技術指導を行っています。

【画像】【画像】【画像】

手工芸・コンピューター技術・料理隊員活動の様子

(4)その他の支援

【画像】

活動の様子(青少年活動)

上記以外の分野でも、JICAボランティアは活躍しています。

  • 青少年の非行化は深刻な問題であり、犯罪の温床となっています。スポーツや音楽などの文化活動を通じた青少年の育成は、ボランティアに期待されている協力分野の一つです。
  • また、ガーナにおいて身体に障がいを持つ人たちの支援は、現在のところ残念ながら十分ではなく、主に視覚や聴覚に障がいを持つ若者のための特別支援学校でもボランティアが活動しています。