ボランティア

ボランティア派遣プログラム

概要

ニカラグアへのボランティアの派遣は、ニカラグア政府と日本政府間での二国間協力の調印を受けて、1991年8月から始まりました。現在(2018年10月)までに、青年海外協力隊員とシニア海外ボランティアを合わせて約650人がニカラグアに派遣され、産業振興、社会開発(保健・教育)、環境・防災などの分野で、政府系・非政府系組織、大学等をカウンターパートとして活躍してきました。2018年6月、国内の治安悪化により、派遣中の全ボランティア40名に対して、避難一時帰国の措置が取られましたが、同年9月には同措置が解除され、10月には2名のボランティア(青年海外協力隊1名、シニア海外ボランティア1名)が再赴任し、マナグア市内の配属先にて活動を再開しています。

ボランティア派遣数

青年海外協力隊:( )内は退避前2018年4月時点の人数

分野 人数 主な職種
計画・行政 0(1) 防災・災害対策
農林水産 0(1) 野菜栽培
商業・観光 0(1) マーケティング
人的資源 0(18) 青少年活動、環境教育、野球、柔道、日本語教育、体育、小学校教育
保健・医療 1(9) 助産師、作業療法士、
社会福祉 0(1) ソーシャルワーカー

シニア海外ボランティア:( )内は退避前2018年4月時点の人数

分野 人数 主な職種
農林水産 0(1) 野菜栽培
鉱工業 0(1) 自動車整備
人的資源 1(3) 音楽、日本語教育、小学校教育
保健・医療 0(2) 作業療法士、理学療法士
社会福祉 0(2) 障害児者支援

JICAボランティア世界日記