東部地域・酪農振興のための農業研修拠点の形成と人材育成支援

【画像】

プロジェクト名

(和)東部地域・酪農振興のための農業研修拠点の形成と人材育成支援
(英)ENHANCEMENT OF AGRICULTURAL TRAINING CENTER AND SUPPORT FOR HUMAN RESOURCE DEVELOPMENT FOR PROMOTION OF DAIRY FARMING IN THE EASTERN REGION OF PARAGUAY
(西)PROYECTO DE ASISTENCIA TÉCNICA PARA EL MEJORAMIENTO DE LA LECHERÍA CON LA FORMACIÓN DE LA BASE DE CAPACITACIÓN AGRÍCOLA Y DESARROLLO DE RECURSOS HUMANOS EN LA ZONA ESTE DEL PARAGUAY

対象国名

パラグアイ共和国

署名日(実施合意)

2016年6月3日

プロジェクトサイト

カアグアス県東部、アルトパラナ県、イタプア県北部

協力期間

2016年7月1日から2020年6月30日

日本側協力機関名

(和)国立大学法人帯広畜産大学
(西)Universidad Obihiro de Agricultura y Medicina Veterinaria

相手国機関名

(和)パラグアイ日系セタパール財団
(西)Fundación Nikkei CETAPAR

背景

酪農経験の浅い対象地域の農家では、依然として農協技術者の指導に依存している状況であり、農協技術者は重要な存在となっているが、技術者が保有する能力の一層の向上が必要であるとともに、数多くの酪農家を指導できる体制を整備することが課題となっている。このため、日系セタパール財団の研修機能を強化して、農協技術者として備えるべき高度な知識・技術を教授するとともに、将来を見据えた人材育成として農業大学学生等に対する研修事業を実施し、農協の技術指導体制の強化に資する。

目標

上位目標

FECOPROD傘下の全農協や農業系大学が、日系セタパール財団の研修機能を活用した人材育成システムを利用し、普及員や学生等の知識・技術等が向上し、農家指導体制が強化される。

プロジェクト目標

対象地域のターゲット農協が、日系セタパール財団の研修機能を活用とした人材育成システムを確立し、農家指導体制が強化される。

成果

  1. 農協技術者の酪農に関する専門能力が向上し、適切な農家指導を実践できる。
  2. 日系セタパール財団がアルトパラナ県の農業研修拠点として機能する。
  3. 農業大学対象の酪農研修が強化される。

投入

日本側投入

  1. 【人材】
    1. プロジェクトマネージャー(1名)
    2. 現地プロジェクト調整員(1名)
    3. 長期派遣プロジェクト専門家(1名)
    4. 短期派遣プロジェクト専門家(5名)
  2. 【資機材】
    1. 動物用臨床化学分析装置
    2. 超音波診断装置
    3. ヘマトクリット遠心分離機

相手国側投入

  1. 【人材】
    1. 日系セタパール財団職員(2名)
    2. 対象地域の農協技術指導員(4名)
    3. パラグアイ生産者組合連盟フェコプロ職員(1名)
  2. 【施設】
    1. 宿泊施設
    2. 倉庫
    3. 講習会室
    4. 事務室
    5. 会議室
  3. 【資機材】
    1. 整備用トラクター