ミャンマー向け円借款貸付契約の調印:財政支援を通じ、新型コロナウイルス感染症危機対応に貢献

【SDGsロゴ】働きがいも経済成長も

【SDGsロゴ】産業と技術革新の基盤をつくろう

2020年9月1日

署名者(ミャンマー計画財務工業省 シシピョン局長)

国際協力機構(JICA)は、9月1日、ネピドーにて、ミャンマー連邦共和国政府との間で、「新型コロナウイルス感染症危機対応緊急支援借款(投資促進・金融セクター開発プログラム・ローン)」を対象として300億円を限度とする円借款貸付契約(Loan Agreement: L/A)に調印しました。

本事業は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による経済への影響が深刻化するミャンマーに対して財政支援を行い、同国政府による経済対策の実施及び投資・貿易環境、金融基盤の整備に資する政策・制度改善の促進に協力します。ミャンマー全土における、経済の活性化と安定的な成長及び開発努力の促進を目的とし、SDGs(持続可能な開発目標)ゴール8、9に貢献します。

事業の詳細は以下の通りです。


1.借款金額及び条件

案件名 借款金額
(百万円)
金利(%/年) 償還期間
(年)
据置期間
(年)
調達条件
本体 コンサルティング・サービス
新型コロナウイルス感染症危機対応緊急支援借款(投資促進・金融セクター開発プログラム・ローン) 30,000 0.01 - 40 10 一般アンタイド

署名者(JICAミャンマー事務所 阪倉所長)

2.事業実施機関
計画財務工業省(Ministry of Planning, Finance and Industry)
住所:Building No. 34, Nay Pyi Taw, MYANMAR

3.今後の事業実施スケジュール(予定)
(1)事業の完成予定時期: 2020年10月予定(貸付実行をもって事業完成)
(2)コンサルティング・サービスに係る招請状送付予定時期:     
本事業において、コンサルティング・サービスの実施は予定されておりません。
(3)本体工事に係る国際競争入札による最初の調達パッケージの入札公示:
本事業において、入札を伴う工事は予定されておりません。