フィリピン向け円借款貸付契約の調印:自然災害と感染症への対応力強化と災害発生後の速やかな復旧に貢献

【SDGsロゴ】すべての人に健康と福祉を

【SDGsロゴ】1住み続けられるまちづくりを

【SDGsロゴ】1気候変動に具体的な対策を

2020年9月15日

署名式の様子

国際協力機構(JICA)は、9月15日、マニラにて、フィリピン共和国政府との間で、「災害復旧スタンド・バイ借款(フェーズ2)」を対象として500億円を限度とする円借款貸付契約(Loan Agreement: L/A)に調印しました。

本事業は、あらかじめ借款契約を締結して、同国の防災及び感染症対策に関わる政策の推進を支援しながら、災害発生後の復旧時に増大する資金需要に備えるもので、SDGs(持続可能な開発目標)ゴール3、11、13に貢献します。

感染症等の公衆衛生上の緊急事態発生時に適用可能な「災害復旧スタンド・バイ借款」としてはJICAとして第一号となります。


事業の詳細は以下の通りです。

1.借款金額及び条件

案件名 借款金額
(百万円)
金利(%/年) 償還期間
(年)
据置期間
(年)
調達条件
本体 コンサルティング・サービス
災害復旧スタンドバイ借款(フェーズ2)(Post Disaster Stand-by Loan (Phase 2)) 50,000 0.01 - 40 10 一般アンタイド

2.事業実施機関
財務省(Department of Finance)
住所: DOF Building, BSP Complex, Roxas Boulevard, Manila 1004, Philippines
TEL:+(632) 8523-9216 / 8525-4194

3.今後の事業実施スケジュール(予定)
(1)事業の完成予定時期:供与限度額の全額貸付またはスタンド・バイ期間
(2)本事業において、コンサルティング雇用及び本体工事に係る国際競争入札は行われません。

関連ファイル: