カンボジア向け円借款貸付契約の調印:財政支援を通じ、新型コロナウイルス感染症危機対応に貢献

【SDGsロゴ】貧困をなくそう

【SDGsロゴ】すべての人に健康と福祉を

【SDGsロゴ】働きがいも経済成長も

2020年11月18日

国際協力機構(JICA)は、11月10日、プノンペンにて、カンボジア王国政府との間で、「新型コロナウイルス感染症危機対応緊急支援円借款」を対象として250億円を限度とする円借款貸付契約(Loan Agreement: L/A)に調印しました。

本事業は、アジア開発銀行(ADB)との協調融資による財政支援を通じて、カンボジア政府の新型コロナウイルス感染症への対応に協力します。世界的感染拡大による経済への影響が深刻化するカンボジアにおける経済、社会活動の維持・活性化、社会的弱者の保護、保健システム強化を目的とし、SDGs(持続可能な開発目標)ゴール1、3、8に貢献します。


事業の詳細は以下の通りです。

1.借款金額及び条件

案件名 借款金額
(百万円)
金利(%/年) 償還期間
(年)
据置期間
(年)
調達条件
本体 コンサルティング・サービス
新型コロナウイルス感染症危機対応緊急円支援借款 25,000 0.01 - 15 4 一般アンタイド

2.事業実施機関
経済財政省(Ministry of Economy and Finance)
住所:Street 92, Sangkat Wat Phnom, Khan Daun Penh, Phnom Penh, Cambodia

3.今後の事業実施スケジュール(予定)
(1)事業の完成予定時期: 2020年12月予定(貸付実行をもって事業完成)
(2)コンサルティング・サービスに係る招請状送付予定時期:     
本事業において、コンサルティング・サービスの実施は予定されておりません。
(3)本体工事に係る国際競争入札による最初の調達パッケージの入札公示:
本事業において、入札を伴う工事は予定されておりません。

関連ファイル: