インドネシア向け円借款貸付契約の調印:防災分野の政策・制度の改善を後押しし災害に強靭な社会づくりを

【SDGsロゴ】貧困をなくそう

【SDGsロゴ】1住み続けられるまちづくりを

【SDGsロゴ】1気候変動に具体的な対策を

2021年3月31日

 

署名の様子

国際協力機構(JICA)は、3月31日、ジャカルタにて、インドネシア共和国政府との間で、「災害に対する強靭化促進・管理プログラム・ローン(第二期)」を対象として500億円を限度とする円借款貸付契約(Loan Agreement: L/A)に調印しました。

本事業は、財政支援を通じて、自然災害が頻発するインドネシアにおける防災分野の政策・制度の改善を後押しし、災害対策への事前投資を促し、対応能力を高めるものです。災害に強靭な社会を目指し、SDGs(持続可能な開発目標)ゴール1、11、13に貢献します。フランス開発庁(AFD)との協調融資が予定されています。

インドネシア政府は、2018年の中部スラウェシ州地震・津波や2020年1月のジャカルタ首都圏での洪水をはじめとした大規模災害の発生を受け、災害発生後の対応のみならず、発生前の予防段階も含めた防災体制の構築を進めています。JICAは、中部スラウェシ州地震・津波からの復興支援のため、これまで技術協力(*1)や2020年度に供与した本事業の第一期借款を含む資金協力(*2、*3、*4)を実施しており、本事業はそれに続く第二期借款として、より災害に対して強靭な社会づくりを継続的に後押しするものです。


事業の詳細は以下の通りです。

1.借款金額及び条件

案件名 借款金額
(百万円)
金利(%/年) 償還期間
(年)
据置期間
(年)
調達条件
本体 コンサルティング・サービス
災害に対する強靭化促進・管理プログラム・ローン(第二期) 50,000 0.45 - 15 5 一般アンタイド

2.業実施機関
国家開発企画庁(National Development Planning Agency)
住所: Jl. Taman Suropati No.2, Jakarta 10310, Indonesia
TEL:+62-21-310-1984 FAX:+62-21-392-6249

3.今後の事業実施スケジュール(予定)
(1)事業の完成予定時期:2021年5月(貸付完了をもって事業完成)
(2)コンサルティング・サービスに係る招請状送付予定時期:本事業では、コンサルタントの雇用は予定されておりません。
(3)本体工事に係る国際競争入札による最初の調達パッケージの入札公示:本事業では、入札を伴う工事は予定されておりません。

関連ファイル: