ボランティア

シニア海外ボランティア事業について

【画像】

【画像】

シニア海外ボランティア(SV)事業は、開発途上国において、その国の社会的・経済的発展を支援することを目的に、優れた専門技術と豊かな経験を持つ、ボランティア精神にあふれた40歳から69歳までの中高年層の方々を派遣する事業です。

ベトナムでは、2001年に最初の4名がハノイに派遣されて以来、中小企業、国営企業に対する経営・技術指導やマーケティングなどの分野、日本語教育などの分野でシニア海外ボランティアが派遣されています。

2007年より短期SV派遣も本格的に開始し、長期・短期合わせて現在17名のSVが活動中です。

SV派遣実績 ※2016年12月1日現在

  • 累積派遣数:159名(男性141名、女性18名)
  • 派遣現況数:15名(男性10名、女性5名)

青年海外協力隊事業について

【画像】

【画像】

青年海外協力隊(JOCV)事業は開発途上地域の住民を対象として、現地の人々とともに生活し、相互理解を図りながら、自らの技術・知識・経験を活かし、開発途上地域の経済および社会の発展又は復興に協力する日本青年の活動を促進・支援するものです。

ベトナムでは1995年に協力隊を派遣して以来、2016年4月までに390名を越える隊員が派遣され、ベトナム全国の各省、各都市で活動を行ってきました。彼らは、教育部門、保健衛生部門、スポーツ部門、農林水産部門など様々な分野で活動を行い、ベトナムの人づくり、国づくりに貢献しています。

JOCV派遣実績 ※2016年12月1日現在

  • 累積派遣数:419名(男性143名、女性276名)
  • 派遣現況数:35名(男性10名、女性25名)