所長あいさつ

【画像】

世界第5位の面積と同じく第5位の人口規模を誇るブラジルは、豊富な天然資源や高い食料生産ポテンシャルに恵まれ、世界有数の経済規模とともに、G20やBRICSの一員として国際社会でその存在感を示しています。日本はブラジルから鉄鉱石や鶏肉、大豆、コーヒー等を輸入し、大きく依存しています。資源・食料安全保障の観点からもブラジルは日本にとって世界で最も重要な国の1つと言えるでしょう。また、ブラジルは世界最大(約200万人)の日系人が住む国です。これまでのたゆまぬ努力により、農業に始まり、現在では様々な分野において日系人はブラジルの発展に大きく貢献し、日本や日本人に対する確固たる信頼感が築かれています。

現在、ブラジルでは、都市化に伴う交通渋滞の悪化、廃棄物処理、治安悪化、水不足、多発する自然災害などの課題が顕在化しています。それらの課題解決に向けて、JICAでは技術協力、円借款、海外投融資、民間連携事業など様々な協力メニューを駆使しダイナミックで持続性の高い協力に向けて日々努力しています。

ブラジルにおける経済協力は、1959年から始まり、今年60周年を迎えます。この中でセラード農業開発事業を始めとする農業分野への協力、ウジミナス製鉄所プロジェクト等、日伯のナショナルプロジェクトへの出資参加、環境保全、保健、職業訓練、地域警察活動等への技術協力、チエテ川の浚渫と護岸工事をはじめとするインフラ整備、ブラジルをパートナーとした中南米やアフリカ諸国への協力等様々な協力事業を実施してきました。

更に、これまで培ったブラジル政府機関や日系社会との関係を活かし、ブラジルに進出する700社にも及ぶ日本企業及び進出を計画する企業との連携を深め、日本の優れた技術を活用し、ブラジルの開発課題と日本企業のビジネスにおける課題両方の解決に貢献できるような取り組みも進めています。

ブラジル日系社会に対しては、JICAの前身機関の時代から、5万3千人に及ぶ移住者の送出を担い、その後の定着と安定のための支援を行ってきました。現在でも、日系社会ボランティアを100名規模で派遣し、各地日系団体のニーズに応えると共に、日系社会との関係強化や日系団体を通じたブラジル社会への貢献を推進しています。また、次世代の日系社会を担い、日伯の架け橋となり得る日系人の人材育成も、本邦での研修の実施等により、引き続き協力しています。近年では、特にブラジル日系社会との連携に力を入れており、民間連携事業を共に推進するなど、新たな取り組みも進めています。

今後もJICAは、これまで培った関係を最大限活かし、様々な機関と連携しながら、ブラジルと日本が共に発展し、持続可能な開発が実現するよう努力していく所存です。

2019年3月
ブラジル事務所長 佐藤 洋史(さとう ひろし)