よくある質問

JICAと一緒にプロジェクトを実施・参加したい

JICAの貸付実行及び支払い実行に係る留意事項

以下に基づき、JICAの貸付実行及び支払い実行に係る送金取扱銀行もOFAC規制が適用され、送金先などによっては送金が困難となるため、ご留意をお願いします。また、以下に限らず、OFAC規制に該当する恐れがある場合には取扱銀行の判断によって同様に送金が困難となる可能性がございます。

1.OFAC規制

米国の外国資産管理法(Foreign Assets Control Regulations)に基づき、外交政策・安全保障上の目的から、米国が指定した国・地域や特定の個人・団体などをSDN(Specially Designated Nationals and Blocked Persons)リストとして公表し、同リストに記載された制裁対象につき、取引禁止や資産凍結などの措置を講じています。

この法律は、米国の外交・国家安全保障政策に基づく経済・通商制裁プログラム(Economic and Trade Sanctions Programs)を管理・運営する米国財務省外国資産管理局(Office of Foreign Assets Control:OFAC)によって執行されていることから「OFAC規制」と呼ばれています。

2.SDNリストの適用

順守義務者

米国銀行の米国内および海外拠点だけでなく、米国内で営業する外国籍の銀行支店や日系銀行支店・企業の米国現地法人にも「OFAC規制」にもとづくSDNリストとの照合等の順守義務が課されています。また米国関与がない場合でも、二次的制裁が科される可能性がある為、日系銀行・企業もOFAC遵守が必要です。

例えば、米ドル建ての送金の場合、資金決済などで上記の順守義務のある米国金融機関を経由せざるを得ず、OFAC規制に該当する恐れがある場合には、銀行の判断により、取引内容の調査の実施、送金中止又は取消等が行われる場合もあります。

SDNリストとの照合の対象となる送金

上記の通り、米ドル建ての送金や、その他米国関与がなくとも「OFAC規制」の対象になります。その送金における送金依頼人・送金受取人だけでなく、その送金を取り扱う全ての銀行について、その当事者とその関係者(サブコントラクター含む)がSDNリストに掲載されていないか照合を行います。また、米国に直接送金する場合だけでなく、米国以外の国に送金する場合や第三国を経由した送金も対象となります。

SDNリストの内容

最新のSDNリストの内容詳細はOFAC Sanctions Programsで確認してください。

関連サイト

よくある質問のサブカテゴリ一覧

  • よくある質問