カンボジアにおける洪水被害に対する緊急援助-供与物資の引渡し-

2020年10月26日

カンボジア王国の北西地域における洪水被害に対して、国際協力機構(JICA)が供与した緊急援助物資が、同国に引き渡されました。

カンボジア王国に対し供与する緊急援助物資は、10月23日に首都プノンペンへ到着しました。翌24日15時(現地時間)より国家防災委員会にて、カンボジア側からハンサムン副総裁らが、日本側から三上正裕駐カンボジア大使、菅野祐一JICA カンボジア事務所長らが出席し、同物資の引渡式を実施しました。

引渡式では、三上大使より今回の洪水の被災者に対する哀悼の意、及び被害が一日も早く収まることを希望する旨発言があり、ハンサムン副総裁からは、日本の迅速な支援に対する深い感謝の意が示されるとともに、到着した物資は10月24日に早速、甚大な被害を受けたバンテイメンチェイ州の被災地に配送された旨述べられました。

なお、今回供与した援助物資は、同国政府により被災者に届けられます。

以 上

【画像】

到着した物資を手渡す三上大使(左からJICA菅野所長、三上大使、ハンサムン副総裁)

【画像】

10月24日にバンテイメンチェイ州に到着した物資