セントビンセント及びグレナディーン諸島における火山噴火被害に対する緊急援助-供与物資の引渡し-

2021年6月2日

セントビンセント及びグレナディーン諸島における火山噴火被害に対して、国際協力機構(JICA)が供与した緊急援助物資が、同国に引き渡されました。

セントビンセント及びグレナディーン諸島に対し供与する緊急援助物資は、5月1日に首都近郊のキャンプデンパーク港へ到着しました。5月31日午前10:00(現地時間)より同国の被災支援物資拠点にて、同国側からケイサル・ピーターズ外務・外国貿易担当国務大臣が出席し、同物資の引渡式を実施しました(日本側からはジョイリン・ランプキンJICA連絡員が出席)。

引渡式では、ピーターズ大臣より、日本の支援に対する深い感謝の意が示されました。

今回の緊急援助においては、同国の唯一の国際空港が火山灰被害により閉鎖される中、セントルシア国から同国までの海路輸送をセントルシア国家緊急管理機構(NEMO)からの協力により実施しました。

なお、今回供与した援助物資は、同国政府により被災者に届けられます。

以 上

【画像】

引き渡し式で日本に対する謝辞を述べるピーターズ大臣(右)

【画像】

日本からの緊急援助物資を後ろにするピーターズ大臣(右)