北岡理事長がバングラデシュのハシナ首相と会談

2019年6月3日

ハシナ首相(右)と北岡理事長

北岡伸一JICA理事長は、5月30日、バングラデシュ人民共和国のシェイク・ハシナ首相と都内で会談しました。
北岡理事長とハシナ首相の会談は、2017年5月に続き、2度目となります。

冒頭、ハシナ首相からバングラデシュの独立以降長年にわたるJICAの協力に対する感謝の言葉が述べられ、今後もバングラデシュの成長に向け両国のさらなる連携を深めていきたい旨の発言がありました。両者は、日本政府の「自由で開かれたインド太平洋」に基づき、民主主義やアジア諸国の平和に関し価値観を共有し、信頼関係を一層発展させていくことを確認しました。

JICAは引き続き、バングラデシュのさらなる発展に向け、経済成長の加速化とその恩恵がより多くの国民に裨益する取り組みを行い、また、社会脆弱性の克服に向けた協力を行ってまいります。