北岡理事長が世界銀行グループのマルパス総裁と会談

2019年6月10日

マルパス総裁(左)と北岡理事長

北岡伸一JICA理事長は、6月9日、世界銀行グループのデイビット・マルパス総裁と福岡市内で会談しました。

冒頭、北岡理事長は、マルパス総裁の世界銀行グループ総裁就任に祝意を伝え、これまでの世界銀行グループとJICAとの緊密な協力関係に触れながら、新総裁とともにさらなる両機関の関係強化を図りたい旨述べました。
両者はその後、歴史的観点に立った現在の国際情勢への視座やインド太平洋地域の重要性などについて、意見交換を行いました。また、質の高いインフラ投資、人材育成、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)、気候変動、アフリカの農業・栄養、女性起業家支援などの開発課題に関し、今後の取り組みの方向性を共有しました。

JICAは、今後も世界銀行グループと連携しながら、開発途上国の発展に貢献していきます。