出前講座、施設訪問、エッセイコンテスト、教師海外研修

(1)-a 講師派遣(JICA国際協力出前講座)

途上国や国際交流・協力の実際を知ってもらうため、国際協力の現場で活動経験のあるJICA関係者や元JICAボランティアを講師として派遣し、「活きた体験談」によって派遣された開発途上国を皆様にお伝えするものです。学校、各種団体などに外部講師を派遣して講座や講演などを行っています。

学校の授業やクラブ活動、自治体・国際交流市民講座などの機会にこのプログラムをぜひご利用ください。

出前講座講師派遣の流れ

  1. JICA国際協力出前講座について(PDF/434KB)をご一読ください。
  2. お電話で希望される内容の相談をしてください。なお、お申込の受付は、原則として講座実施希望日の2か月前までにお願いいたします。
  3. 講師紹介要請書(PDF/166KB)(Word/60KB)に必要事項をご記入の上、郵便、FAXまたは電子メールにて、下記の連絡先へ送付してください。
  4. 実施が決定しましたら、担当者よりお知らせいたします。
  5. また講師が決定次第、別途文書にて通知書を送付いたします。
  6. 講師決定後は、依頼団体様が講師と直接連絡をとり、ご希望の講演内容の詳細や使用機材の確認などについて、打合せをしてください。
  7. なお、講師への謝金及び交通費などの経費は、原則として依頼団体様にご負担をお願いしております。
  8. 講座終了後、1ヵ月以内にアンケート(PDF/155KB)(Word/31KB)にご記入・ご提出ください。
連絡先:
長野JICAデスク
TEL:026-235-1124 FAX:026-235-4738

(1)-b 施設訪問−訓練所から世界が見える!−知ろう!学ぼう!感じよう!

【画像】

施設訪問

【画像】

国際理解教育ワークショップ

【画像】

訓練中の候補者との昼食懇談会

【画像】

活動報告

青年海外協力隊とシニア海外ボランティアの派遣前の訓練が行われているのは、福島県二本松市にある「二本松青年海外協力隊訓練所」と長野県駒ヶ根市にある「駒ヶ根青年海外協力隊訓練所」の2ヵ所だけ。そんな貴重な訓練所を訪れて、世界をのぞいてみませんか?既に、国際理解教育やキャリア教育、企業・教員研修の一環としても利用されています。(例:小・中学校の総合学習の授業、初任者教員研修など)

駒ヶ根訓練所(JICA駒ヶ根)では、学校、大学、企業や各種団体のみなさまに、世界や発展途上国のこと、国際協力についてや、JICAボランティアについて、興味、ご理解を深めていただくため、以下の「施設訪問プログラム」(要予約/一部有料)を受付けております。

※但し、2015年4月から2016年12月の期間は、施設内全般の耐震化工事のため、ご訪問できる日時、見学内容、駐車場の利用等に制限がございます。ご了承ください。詳細は、JICA駒ヶ根の施設訪問担当者までお問い合わせください。

  • 施設見学(訓練所施設の見学)
  • JICA、青年海外協力隊(JICAボランティア)の活動、訓練に関する概要説明、参加・応募相談
  • 国際協力関連の資料閲覧
  • 民族衣装の試着、貸出(貸出は、貸出・返却時に来訪できる方を対象)
  • 訓練期間中のJICAボランティア候補者(有志)との昼食懇談会(昼食代500円が必要/日程や人数により制限があります)
  • 訓練所の食事体験(食事代が必要/日程や人数により制限があります)
  • 各種活動報告等(有料/帰国されたボランティアや専門家等を訓練所に呼んで講演を依頼する場合は「国際協力出前講座」と同様に別途、交通費、謝金等が必要です)

食事や講師謝金等、実費を伴う項目以外は無料です。各団体の目的、ご要望に応じて具体的な内容は調整いたしますので、まずはご相談ください。

【施設訪問 申込の手続き】

  1. 「施設訪問時の諸注意と訪問モデルコース」(PDF/118KB)をご一読ください。
  2. 施設訪問の1ヵ月前までに、お電話にて希望される日時と内容を、担当者へご相談ください。原則は祝祭日を除く月曜日から金曜日の9:30-17:30(訓練所の諸行事の日を除く)となりますが、2015年4月〜2016年12月の耐震化工事に伴い、前述のとおり、受け入れ可能な日時が大幅に制限されることがございます。ご了承ください。
  3. 訓練日程、利用施設等を調整した上で、受け入れの可否を、担当者よりお知らせします。
  4. 「施設訪問申込書」(PDF/86KB)(Word/48KB)に必要事項をご記入の上、FAXまたは電子メールにて、送付・送信してください。
  5. 日程、訪問者数等に変更が生じた場合は事前にご連絡ください。
  6. 当日、訓練所までお越しください。(駐車場は無料ですが、数に限りがあり、耐震化工事に伴って制限がございますので、駐車台数をお知らせいただき、ご相談ください。)
  7. プログラム終了後、「アンケート」(PDF/121KB)(Word/38KB)にご記入の上、送付・送信願います。
連絡先:
独立行政法人国際協力機構 駒ヶ根青年海外協力隊訓練所(JICA駒ヶ根)施設訪問担当
電話番号:0265-82-6151(代表)
ファックス:0265-82-5336
Eメール:jicakjv-kouhou@jica.go.jp

(2)JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト

JICAでは、次の世代を担う全国の中学生・高校生を対象に、開発途上国の現状と国際協力の必要性について理解を深め、国際社会の中で日本は何をすべきか、また、自分たちひとりひとりがどう行動すべきかについて考えてもらうことを目的として、国際協力に関するエッセイコンテストを実施しています。

(3)教師海外研修

JICA教師海外研修は、開発途上国の約10日間の訪問と事前・事後の国内研修を通して、開発途上国の現状、日本との関係や国際協力への理解を深め、授業で児童・生徒に伝える1年間のプログラムです。

JICA駒ヶ根では、長野県の教員を対象とし、JICA東京(管轄は5都道府:東京都、千葉県、埼玉県、群馬県、新潟県)と合同で実施しています。

※詳細は、下記の 教師海外研修の概要・応募要項等 をご覧ください。