ボランティア

シニア海外ボランティア事業について

シニア海外ボランティア事業は、開発途上国において、その国の社会的・経済的発展を支援することを目的に、ボランティア精神にあふれた40歳から69歳までの優れた専門技術と豊かな経験を持つ方々を派遣する事業です。

【画像】

【画像】

【画像】

【画像】

ミャンマーでは、2013年1月に第1号のシニア海外ボランティア(短期)が派遣されて以来、造船、医療機器、コンピューター技術、作業療法士、障害児・者教育、文化財保護、病虫害対策、応用化学、柔道、水泳など多岐に渡る分野で、2015年8月までに16名のボランティアが派遣されています。2015年10月には、長期(2年)のシニア海外ボランティアが派遣される予定です。

青年海外協力隊事業について

青年海外協力隊事業は、20歳から39歳までの青年が自分の持っている技術や経験を生かし、現地の人々と同じ言葉を話し、ともに生活・協働しながら開発途上国の国づくりの為に協力する事業です。

ミャンマー国では、今後、教育部門、保健衛生部門、社会福祉部門、スポーツ部門、農林水産部門など多岐に渡る分野で、青年海外協力隊の派遣を積極的に進めていく予定です。

ボランティア派遣実績マップ ※2016年3月現在

ボランティア活動報告