無償資金協力「人材育成奨学計画」に関する贈与契約(G/A)に署名しました

2024.06.05

6月5日、JICAモンゴル事務所長田中伸一、B.ジャワハラン大蔵大臣は、総額2億9000万円 を限度とする無償資金協力「人材育成奨学計画」に関する贈与契約の署名を行いました。

本計画は、モンゴルの将来を担う若手行政官等を対象に、日本の大学院に留学するために必要な学費等を供与するものです。本日の署名により、今年は最大16名が日本の大学院に留学することになります。

2001年に同計画が始まって以来、モンゴルからは、これまでに416名の若者が日本に留学しました。修士号を取得し、既に帰国した留学生は、経済・開発省、大蔵省、建設・都市計画省、道路・運輸開発省、モンゴル銀行、金融監督委員会などさまざまな分野で活躍しています。

2024年は、日本のODAが開始してから70年の節目に当たりますが、本計画は4年間の新フェーズの開始年にも当たります。本計画の実施により育成される人材が、将来、各分野での発展に貢献するとともに、両国の相互理解や友好関係構築に寄与することが期待されます。

\SNSでシェア!/

  • X (Twitter)
  • linkedIn
一覧ページへ