アスンシオン上水道整備事業(PG-P12)

プロジェクト名

(日)アスンシオン上水道整備事業(PG-P12)
(英)ASUNCION METROPOLITAN AREA POTABLE WATER PROJECT
(西)PROYECTO DE MEJORAMIENTO DE SUMINISTRO DE AGUA POTABLE EN ASUNCION

【画像】

【画像】

【画像】

【画像】

【画像】

対象国

パラグアイ

Loan Agreement(L/A)署名日

L/A締結日:1995年8月
L/A発効日:1995年9月

プロジェクト対象地域

アスンシオン首都圏

貸付完了

2002年3月

協力金額

  • 供与限度額 6,068百万円
  • 償還期間 25年(据置期間7年)
  • 金利 3.0%

相手国機関

パラグアイ衛生サービス会社(EMPRESA DE SERVICIO SANITARIOS DEL PARAGUAY(ESSAP))
旧:衛生事業公社(CORPORACION DE OBRAS SANITARIAS(CORPOSANA))

背景

パラグアイでは、1990年代初頭に至るまで、経済インフラおよび農牧業関連の生産インフラの整備が優先され、社会インフラの整備が大きく立ち遅れていた。特に、上下水道、基礎保健・衛生等の社会サービスについては、ほかの中南米諸国と比べても立ち遅れの著しい分野となっていた。なかでも、上下水道普及率については、1993年時点で中南米平均の上水道普及率、下水道普及率が各々80%、53%であったのに対し、米州開発銀行(IDB)資料によれば、パラグアイでは上水道普及率29%(都市部53%、農村部16%)、下水道普及率11%(都市部22%、農村部0%)と、中南米ではハイチに次いで2番目に低い水準であった。

パラグアイにおける上水道サービスについては、人口4,000人以上の自治体では衛生事業公社(CORPOSANA)が、人口4,000人未満の自治体では環境衛生局(SENASA)が担当していたが、CORPOSANAあるいはSENASAによるサービス提供がなされていない地域は、井戸水、あるいは民間の給水業者による水供給等に依存しており、多くの場合、これらの水は飲料水として安全は水質基準を満たしておらず、公衆衛生の観点から社会的に大きな問題となっていた。加えて、パラグアイでは下水道サービスの整備も立ち遅れており、下水がたれ流し状態にある地域も多かった。この結果、パラグアイでは、非衛生な水の摂取、劣悪な衛生環境に起因する寄生虫症、下痢、あるいは伝染性疾病が多く発生しており、例えば、4歳以下の乳幼児に関しては、下痢、寄生虫症が主な死亡原因となっており、特に下痢については死亡原因の約4分の1を占めていた。

また、IDB資料によれば、上水道普及率が63%と相対的に高水準にあったアスンシオン首都圏においても、既存の施設の老朽化やメーターの未整備、不備等により、1994年時点において無収率が37%と高かった。

このような状況のなか、送配水施設ならびに配水網・給水施設を整備拡充することにより、アスンシオン首都圏の環境改善が急務となっていた。

プロジェクト目標

本事業は、アスンシオン首都圏において、「送配水施設」「配水網・給水施設」を整備・拡充することにより、首都圏における上水道普及率の向上、無収率の改善を図り、もって地域住民の生活環境の改善に寄与することを目的とする。

成果

A)送排水施設の整備拡充

1)ビニャス・クエ送水ポンプ場の拡張

  • 送水ポンプ3基の設置(1基当たり750リットル/秒)

2)送水管新設(10路線:総延長53,703メートル)

  • ビニャス・クエ~トリニダド送水菅(全長3,962メートル、直径1,000ミリメートル)
  • ビニャス・クエ~イセ送水菅(全長12,008メートル、直径1,200ミリメートル)
  • イセ~フェルナンド・デ・ラ・モラ2送水菅(全長4,379メートル、直径1,000ミリメートル)
  • ルケ~旧ルケ送水官(全長167メートル、直径500ミリメートル)
  • イセ~ランバレ1(全長4,277メートル、直径800ミリメートル)
  • ランバレ1~ランバレ2(全長3,941メートル、直径600ミリメートル)
  • トリニダド~ロマ・ピタ送水菅(全長6,245メートル、直径700ミリメートル)
  • ロマ・ピタ~マリアノ・ロケ・アロンソ送水菅(全長7,166メートル、直径500ミリメートル)
  • トリニダド~ルケ送水菅(全長9,798メートル、直径800ミリメートル)
  • ルケ~ラウレルティ送水菅(全長1,760メートル、直径600ミリメートル)

3) 配水センター(貯水池、高架タンク、配水ポンプ設備)拡張・新設(11カ所)

  • イセ配水センター(拡張)
  • ランバレ1配水センター(新設)
  • ランバレ2配水センター(新設)
  • Km2配水センター(拡張)
  • フェルナンド・デ・ラ・モラ2配水センター(拡張)
  • サン・ロレンソ1配水センター(拡張)
  • トリニダト配水センター(拡張)
  • ロマ・ピタ配水センター(新設)
  • マリアノ・ロケ・アロンソ配水センター(新設)
  • ルケ配水センター(新設)
  • ラウレルティ配水センター(新設)

B)配水網・給水施設の整備拡充

1)配水網(総延長94,962メートル、総面積63.49平方キロメートル)

  • ランバレ地区(総延長29,190メートル、総面積 14.59平方メートル)
  • ロマ・ピタ地区(総延長13,609メートル、総面積19.38平方メートル)
  • マリアノ・ロケ・アロンソ地区(総延長 22,696メートル、総面積 14.24平方メートル)
  • ルケ地区(総延長29,467メートル、総面積15.28平方メートル)

2)給水装置・水道メーターの設置(73,627セット)

  • 直径1/2インチタイプ(63,337セット)
  • 直径3/4インチタイプ(10,000セット)
  • 直径1インチタイプ(100セット)
  • 直径1 1/2インチタイプ(150セット)
  • 直径2インチタイプ(40セット)

C)その他

コンサルティングサービス

関連リンク