小規模園芸農民組織強化(Smallholder Horticulture and Empowerment Promotion:SHEP)アドバイザー

種別:
個別専門家
活動地域:
全国(拠点:プレトリア)
実施期間:
1次 2016年3月~2019年3月
2次 2019年10月~2022年10月
実施機関:
農業・土地改革・地方開発省
概要:
南アフリカは国家開発計画(NDP2030)において、農業の商業化や生産性の向上を通じた小規模農家支援強化が優先課題であると謳っています。また、極めて高い失業率(労働人口の約29%)が社会問題化しており、雇用創出の面においても農業セクター全体の更なる発展が重要視されています。係る状況下、JICAは2014年より課題別研修「アフリカ地域市場志向型農業振興」(2021年までに28人受入)について南アフリカを参加対象国に加え、「作って売る」から「売るために作る」への意識変革を起こし、営農スキルや栽培スキル向上によって小規模農家の所得向上を目指すSHEPアプローチを通じた小規模農家支援を開始しました。その後1次(2016年から2019年)の3年間で上記帰国研修員を中心とする南ア3州(リンポポ州、ムプマランガ州、クワズルナタル州)でのパイロット活動支援を通じて、同国の文脈に則したSHEPアプローチが確立されました。2次(2019年以降)では、SHEPアプローチの有効性を認識した農業・土地改革・地方開発省が、同省大臣を筆頭にSHEPアプローチの全国展開に取り組んでいます。こうした同省の取組を後押しすべく、2021年からは南アフリカのみを対象とするSHEPアプローチ研修が開始されます。2021年2月時点で、340名の行政官および1441名小規模農家に裨益しています本専門家は、同省の取り組みを後押しするとともに、南アフリカ全州への活動の定着プロセスを支援していくことで、更なる裨益の実現を目指します。