国際協力出前講座(日本人講師・JICA長期研修員)

開発途上国の現状を知り、世界や国際協力への理解を深めるため、JICAボランティア(青年海外協力隊、シニア海外ボランティア)経験者やJICA長期研修員などを講師として派遣しています。クラス単位から学校行事、学校の教科や総合学習の時間、進路講話や平和教育など様々な機会でご利用いただけます。

  1. 募集要項
  2. 申込書
  3. 実施報告書

講師はどんな人が来るの?

【画像】

日本人講師

主に、青年海外協力隊、シニア海外ボランティアなどのボランティア事業経験者です。

  • 開発途上国の現場で活動経験がある講師です。
  • 活動している地域はアジア、アフリカ、中南米、中近東、オセアニアなど。
    (国数は70か国以上)
  • 活躍している分野は、教育・文化、農林・水産、保健・衛星、スポーツなど。

JICA長期研修員

日本の大学で修士を取得するプログラム等で2年以上の長期滞在をしている研修員の方々です。
研修員さんから出身国の衣・食・住等について実際の様子をお話し頂きます。交流を通して、外国への興味、異文化理解を深めて頂けます。

  • 出身国はアフリカ・アジアなど

どんな話が聞けるの?

【画像】

日本人講師

開発途上国の現場での実体験に基づいた話を聞くことができます。
国際協力や日本の援助(ODA)、JICA事業について青年海外協力隊・シニア海外ボランティアの活動体験談。
開発途上国の文化や暮らし特定の地域や国、テーマ(環境、道徳、スポーツなど)

JICA長期研修員

研修員の出身国の衣・食・住等の文化や暮らしについて
※交流は英語となります。通訳はつきません。

申し込みから実施後の流れ

【画像】
  1. 申込書の提出
    申込書を下記担当へメールまたはFAXしてください。
  2. 打ち合わせ
    講師決定後、担当者から講師に連絡を取り、内容や詳細、使用機材の確認を行う。
  3. 出前講座の実施
  4. 報告書の提出
    実施後、2週間以内に報告書の提出をお願い致します。
    学生の感想も併せてお送りください(後日提出も可能)。

注意事項

  • 出前講座に必要な使用機材は、できる限り学校側でのご準備をお願いしています。
  • 学校のパソコンを使用できる場合、USBの使用やソフト(パワーポイント、ワード、エクセル)の有無、ソフトのバージョン(Windows2010など)をお知らせください。セキュリティ上、学校のパソコンを使用できない場合も、併せてお知らせください。

お問合せ、申込先

国際協力出前講座(日本人講師)

茨城県の方

JICA茨城デスク 担当:茨城県国際協力推進員
(公財)茨城県国際交流協会内 TEL:029-241-1611 FAX:029-241-7611
Email:ibaraki-desk_hoshino@friends.jica.go.jp
自己紹介:http://www.jica.go.jp/about/structure/suishin/kantou.html#ibaraki

栃木県の方

JICA栃木デスク 担当:栃木県国際協力推進員
(公財)栃木県国際交流協会内 TEL:028-621-0777 FAX:028-621-0951
Email:jicadpd-desk-tochigiken@jica.go.jp
自己紹介:http://www.jica.go.jp/about/structure/suishin/kantou.html#tochigi

国際協力出前講座(JICA長期研修員)

JICA筑波 市民課 開発教育支援事業 担当
TEL 029-838-1144 FAX:029-8338-1776
Email:jicatbic-ppt3@jica.go.jp