その他施設公開プログラム

JICAの広報や施設利活用促進の観点から、以下のような一般公開プログラムの実施をしております。(各プログラムについては、随時、詳細情報をJICA筑波HPのトピックス或いはイベント情報に補足しております。その他、JICA筑波にご関心のある方は、お気軽にご相談下さい。)

1.科学技術週間(施設一般公開)

つくば市全体の統一イベントとして毎年4月に開催される施設公開、開催。筑波研究学園都市の研究機関を中心に、一般市民の方々向けの公開講演会、展示会等の各種プログラムが実施される。
JICA筑波では世界に関する種々のテーマ企画展示や農業体験の参加型プログラムや世界各国の民族衣装の試着体験(撮影)など実施しています。また同時に、館内では、エスニック料理のご提供やメニュー、JICA研修員との交流などを行うことがございます。日程・企画プログラム詳細はイベント情報にてご確認ください。

2.つくばちびっ子博士

毎年、学校の夏休み期間中、小学校、中学校を対象としたつくば市全体の統一公開イベント。
つくば市指定のパスポートを持って、市内の研究機関などで最先端技術や自然科学に触れ、体験学習出来る参加型イベント(スタンプラリー)です。
開催期間中につくば市事務局に訪問時に集めたスタンプ数に応じ、つくば市から『つくばちびっ子博士』の認定をいただけます。

3.早苗(さな)ぶり&収穫祭(田植えと稲刈り体験)

JICA筑波が受け入れている世界各国の研修員と一緒に日本の伝統的なコメ栽培にまつわる神事にちなんだ市民の方々との交流プログラム。
5月中旬の田植えと9月下旬の稲刈りを通じ、コメ作りに触れていただくとともに、世界の人たちとの交流を深めていただく公開イベントです。

4.JICA筑波 展示コーナー

当センターの本館(管理棟1階ロビー及び2階ラウンジ)スペース内に、世界各国の民芸品や楽器、民族衣装などの展示を年中行っております。

世界について知ってもらうきっかけとして、楽器の音を鳴らしたり、衣装の試着をしていただくこともできます。展示品は定期的に変わります。イベント情報にてご確認ください。
(※民族衣装については、貸し出しなどのご相談にも応じています。)