JICA筑波施設紹介

【画像】

ようこそ筑波国際センターへ。当センターの施設の概要を体験してみて下さい。

(下図の色のついた施設名をクリックして下さい。)

【施設見取り図】

(注)駐車スペースに限りがあるため、10名以上の団体または貸切バスでご来場の場合は事前にご予約下さい。
当日は案外係の指示に従って駐車をしてください。

管理棟|体育館|宿泊棟|研修棟|図書情報室|農業研修施設

筑波国際センター・管理棟

【写真】管理棟管理棟当センターの管理部門を集約しています。センター訪問者への案内窓口としての総合受付(フロント)をはじめ、所長室、管理部門の事務を所掌する総務課事務室等のほか下記の施設があります。

(1)フロント

来訪者の受付、宿泊者の手続き等を行っています。

(2)フロントホール

【写真】JICAプラザJICAプラザフロントホールには、JICA筑波の事業概要及び施設の紹介パネルを設置しています。また、JICA筑波の事業やJICAボランティア事業紹介のパネル等も展示しています。さらに、開発教育用視聴覚教材の視聴や研修及び開発教育関連の資料の閲覧もできます。

(3)食堂(2階)

【写真】食堂(2階)約110ヵ国からの研修員が利用するため、文化にも配慮したメニューを提供しています。

(4)2階ラウンジ

【写真】2階ラウンジ各国の研修員から自国のPRのために寄贈された民芸品をたくさん展示しています。バラエティに富んだ民族衣装や珍しい楽器も展示しており、気軽に異文化を体感できます。

(5)講義室(レクチャールーム)/和室

【写真】セミナールームレクチャールームは研修員の講義や実習のための“教室”です。和室は研修員のための日本文化紹介や日本語教室などを行っています。

(6)コンピュータルーム

【写真】コンピュータルーム研修員用のパソコン研修を実施しています。なお、インターネット環境を備えた教室も併設しています。

体育館

研修員の福利厚生のために卓球、バトミントン、バレーボール等さまざまなスポーツに対応可能なコートを備えています。

また、各種行事(生徒・児童・学生・市民と研修員との交流会など)開催のためのステージ、音響施設も備えています。

宿泊棟

【画像】195室あり、計200名が宿泊できます。また、各フロアには、それぞれ洗濯室、給湯室、製氷機を設置しています。

(注)JICA研修員受入事業関係者(研修講師、研修監理員)、開発教育関連事業に参加する者、あるいは留学生(無償事業、円借款事業)、帰国ボランティアの方々で、JICA筑波に宿泊を要する業務がある場合に限りご利用いただけます。

一般の方の宿泊はお断りしておりますので、ご了承ください。

研修棟

【画像】研修棟には、研修業務課および研修業務・市民参加協力課の執務室があります。同執務室では、研修コースの立案、実施管理、評価や、開発教育支援事業、青年研修、日系研修員受入事業、JICAボランティア事業を担当しています。

また、研修等には上記執務室以外に、農業研修のための実験室(化学分析、病理昆虫、園芸、組織培養、作物)、行動、講義室があります。

講義室では、講義・演習の他、インターネットを利用して海外にいる研修員などへ遠隔講義を行うことがあります。

図書情報室

【画像】

研修棟2階に第1図書室、管理棟3階に第2図書室があります。農業技術研修に必要な和書・洋書や研修用の教材、研修員が作成した各種レポートは第1図書室に、国際理解教育・開発教育と日本文化紹介(主に英文)は第2図書室にあります。

農業研修施設

【画像】4つの実習棟(かんがい排水実習棟、農業機械実習棟、野菜実習棟、稲作実習棟)と温室・網室、ほ場(畑、水田)があります。

かんがい排水実習棟では、土質実験、コンクリート実験、水理実験を通じて、水資源を有効活用するための技術を学びます。

農業機械実習棟では、各種農機具の構造や利用法、設計や試作、性能試験を通じて、農業機械化と農機具開発に関する技術を学びます。

野菜実習棟では、発芽試験、収穫した野菜の測定・データ収集、種子の選別作業を通じて、栽培方法や種子調整に関する技術を学びます。

稲作実習棟では、稲の光合成能力の測定、採取した稲の育ち具合の調査、化学分析用の標本作製を通じて、稲の栽培方法や生育状態の調査のための技術を学びます。

温室・網室では、接木やポット苗による育苗、土を使わない養液栽培、品種、施肥、潅水、整枝、ホルモン処理などの栽培試験、野菜や稲の病気の研究、野菜や稲の種子生産を行っています。

ほ場(畑)では、稲の畑栽培技術(耕うん、施肥、播種、水管理、病害虫防除、収穫など)や野菜の栽培技術(耕うん、施肥、マルチ張り、定植、追肥、整枝、土寄せ、除草、交配、水管理、病害虫防除、収穫など)を学びます。

ほ場(水田)では、稲の栽培管理技術(耕うん、代掻き、田植え、施肥、水管理、病害虫や雑草の防除、収穫など)を学びます。また、品種の比較試験、栽培密度、施肥方法、病害虫・雑草防除などの試験も行っています。