TICAD関連情報

アフリカ開発会議(Tokyo International Conference on African Development)についての情報をお伝えします。

TICADとは

Tokyo International Conference on African Development

アフリカの開発をテーマとする国際会議。1993年から日本政府が主導し、国連、国連開発計画(UNDP)、アフリカ連合委員会(AUC)、世界銀行と共同で開催しています。TICADは、アフリカ諸国のみならず、開発に携わる国際機関、民間企業、市民社会も参加するオープンなフォーラムで、国際社会が広く知恵と努力を結集し、真にアフリカの開発につながる議論を行っています。TICADプロセスで日本は公約を発表し、着実に実行することが、アフリカ諸国から高く評価されています。

2016年 TICAD VIについて

【画像】TICAD VIは、2016年 8月27、28日に、初めてアフリカのケニアで開催されます。

1993年以来、5年毎に日本で開催されていましたが、TICAD VI以降は3年毎に日本とアフリカにおいて交互に開催することになり、今回が初のアフリカ開催となります。

TICAD VIでは、TICAD V以降に発生したアフリカの諸問題(一次産品価格の下落やエボラ出血熱の流行に見られる保健システムの脆弱性、暴力的過激主義の拡大、等)への対応や、開発と貧困削減に向けたアフリカ自身の取り組み(アジェンダ2063)への支援、国際的な取り組み(気候変動(COP21)や持続可能な開発目標(SDGs))を進めることが期待されています。

これまでのTICAD

2013年 TICAD V

【画像】

【画像】

「躍動するアフリカと手を携えて」がテーマ。「強固で持続可能な経済」「包摂的で強靭な社会」「平和と安定」の3本柱に沿って、今後のアフリカ開発の方向性を示す「横浜宣言2013」と今後5年間のロードマップとなる「横浜行動計画2013−2017」が採択された。民間セクター主導の成長、アフリカへの投資の重要性が確認され、今後5年間で最大3.2兆円(うちODAが1.4兆円)の官民の取り組みでアフリカを支援していくことが表明された。

2008年 TICAD IV

【画像】

【画像】

「元気なアフリカを目指して−希望と機会の大陸」がテーマ。今後のアフリカ開発の取り組み・方向性に関する政治的意思を示す「横浜宣言」、今後の具体的な取り組みを示すロードマップとなる「横浜行動計画」が採択された。TICADフォローアッププロセスの導入が決定され、対アフリカODAの倍増も表明された。

2003年 TICAD III

【画像】

【画像】

アフリカ開発をアフリカ自らが進めていくために、アフリカ連合(AU)が立ち上げた「アフリカ開発のための新パートナーシップ(NEPAD)」への支援が合意された。TICAD発足以来10年が経過し、アフリカ開発に対するコミットメントを再確認する「TICAD10周年宣言」が発表された。

1998年 TICAD II

【画像】

【画像】

「アフリカの貧困削減と世界経済への統合」がテーマ。アフリカ諸国の「自助努力(オーナーシップ)」と国際社会による開発パートナーの「パートナーシップ」の重要性を提唱。社会開発、経済開発、開発の基盤において数値目標を含む優先的政策・行動を明記した「東京行動計画」が採択された。

1993年 TICAD I

【画像】

冷戦が終結し、国際社会のアフリカに対する関心が薄れつつある時期、アフリカへの関心を呼び戻すきっかけとなったパイオニア的な国際会議。アフリカの政治経済改革の遂行、民間セクターの育成、地域協力・地域統合に焦点。アフリカ開発にアジアの経験を生かすことを公約した「アフリカ開発に関する東京宣言」が採択された。