【参加者募集】“未来を拓く、高校生の力!” JICA筑波 農業高校 国際協力実体験プログラム

掲載日:2024.05.31

イベント |

「農業」をキーワードに仲間や世界とつながり、未来の可能性を拓く1日!

本プログラムは、農業を学ぶ高校生を対象とし、“未来を拓く、高校生の力!”をテーマに、同世代の仲間やJICA筑波の研修員との熱い語り合い、学び合いを通し、世界の農業の現状や課題に理解を深め、「農業」という専門性を生かすことで、課題解決に向けて自分たちに何ができるか、どのような行動につなげられるかを考え、新たな視点で考える力を育みます!
また、現在、開発途上国からの研修員に稲作栽培を指導している農業高校出身の先輩の体験談や「農業×国際協力」の現場で働く人たちとの交流を通して、農業の可能性に触れ、様々な進路やキャリアについても知ることができます!

・ 実施日時
  2024年8月9日(金) 9時30分~16時40分
・ 開催場所
  JICA筑波 〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-6
・ 対象と条件
  ◇ 次のいずれか:農業高校や農業科に在籍する高校生、農業クラブに加盟する高校に在籍する高校生
  ◇ 事前・事後課題を行える学校・高校生(詳細は応募チラシを参照)
・ 募集人数
  30名程度(最少催行人数10名)※先着順
・ 内容(詳細は募集要項をご覧ください。)
  ◇ JICA海外協力隊体験談と帰国後のキャリア
  講師:丸山順平様(都立農芸高等学校 緑地環境科/東京農業大学 国際農業開発学科
  /JICA海外協力隊 カメルーン野菜栽培/現・一般社団法人 海外農業開発協会 勤務)
  ◇ JICA研修員との交流
  JICA筑波で稲作栽培を学ぶ研修員に各学校の取り組みを紹介したり、
  研修員の国の農業の現状を聞いたりと意見交換をします。
  ◇ JICA筑波農場ツアー
  ◇ JICA筑波スタッフやJICA海外協力隊経験者とのランチ会
  ◇ ワークショップ「もしJICA海外協力隊になったら!」
  JICA海外協力隊になりきって、開発途上国の農業の課題を解決する活動計画を作ってみるワークショップです。
  課題となっている原因は何なのか、どんな取り組みが必要なのか、何ができるのかを他の参加者と一緒に考えます。

・ 参加費
  ◇ 参加者負担:交通費
  ◇ JICA負担:お弁当、宿泊費(前泊・後泊が必要な場合)
・ 主催
  JICA筑波
・ 申込方法
  オンライン申込フォームからお申込みください。
  https://forms.office.com/r/q22YS466tZ
  ※上記の方法でお申し込みが困難な場合は、下記の問い合わせ先までご連絡ください。
・ 申込締切
  2024年7月12日(金)17時必着

・ お問い合わせ先
  JICA筑波国際協力講座(担当 : 西岡、山本)
  E-mail : Nishioka.Miki2@jica.go.jp Yamamoto-Miki@jica.go.jp
  Tel : 029-838-1144(月~金9:30~17:45)