よくある質問

海外のJICA事業現場を訪問したい

JICAでは、JICA事業及び我が国ODA、国際協力や開発問題に関心をお持ちの市民団体、教育機関、地方自治体、企業等の皆様から、海外のJICA事業現場への訪問について数多くのご要望をいただいています。

可能な限り多くのご要望にお応えしたいと思いますので、JICA事業現場への訪問に関するお申込に際しては、下記をお読みいただき、ご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

JICAが対応可能な事項

各団体様が次のいずれかの目的のため、自己の責任において海外を訪問し、JICA事業及び業務の紹介、JICAが実施中もしくは実施済みの案件の視察等を要望する場合に、必要な調整を行います。

(ア)海外展開のためにODA事業の活用やODA事業との連携を検討するために行う現地調査、情報収集等
(イ)国際協力にかかる理解促進・学習、または国際協力活動実施に向けた情報収集等

ただし、国・地域、時期や治安情勢によっては、依頼をお受けできない場合があります。((注)安全対策上の理由から、外務省海外安全情報レベル1以下の地域(ただし、レベル1以下であってもJICAがJICA関係者の渡航を禁止又は本部承認としている地域を除く)が訪問対象地域です。これ以外の地域については、依頼をお受けすることはできません。)

なお、訪問依頼が集中する時期(日本の夏季、春季休暇等)や現地事情(現地の祝祭日、イベント等)によりご希望に沿うことができない場合があります。また、現場の受入体制上、複数名以上による依頼を優先的に検討いたします。

(注)外務省の海外安全情報は下記をご参照ください。

(注)JICAの案件情報や分野課題別情報は下記をご参照ください。

JICAが対応できない事項

JICAは、原則として次の事項に対応することはできません。

  • JICA事業案件以外の視察またはJICA事業案件関係者以外の者への訪問の調整。
  • 宿泊先、移動手段、通訳等の確保及び費用負担。
  • 上記(ア)及び(イ)以外の目的による訪問依頼。
  • (所属先を経由しない)個人からの訪問依頼。
  • その他JICAとして対応することが適当でないと考えるもの。

お申込先

訪問希望時期の遅くとも6週間前までにお申込いただきますようお願いします。(訪問先関係者やJICA内での調整・連絡に約1ヶ月の時間がかかります。)

日本国内からお申込の場合

お住まいの地域、所属機関所在地域を担当するJICA国内機関へお申込みください。

海外からお申込の場合

訪問希望国に所在、あるいは訪問希望国を兼轄するJICA在外事務所へお申込ください。その際には、件名に「現地訪問相談」と記載のうえ、各機関の代表FAX番号宛にご連絡をお願いします。
また、訪問国の現地事情に応じて、追加的な手続きを要する場合があります。

提出書類

所定様式をホームページからダウンロードして、ご記入の上ご提出ください。

申込時

(注)提出書類は全て和・英ともに作成のうえ、ご提出ください。(英文については現地関係者との情報共有に使用いたします。)

帰国時

(注)現地訪問後1ヶ月以内を目安にご提出ください。

(注)訪問先の現地関係者と共有するため、可能な限り英文での作成にご協力をお願いします。また、皆様のJICA事業現場訪問の経験について、JICA広報媒体への寄稿等を依頼する場合があります。

留意事項

(1)お申込の際には、治安情報や現地事情について、各自の責任において予めご確認のうえ検討ください。また、訪問前までに必ず外務省の「たびレジ」(注)に登録してください。

(注)「たびレジ」は、いざという時に在外公館などから緊急時情報提供を受けられる外務省の海外旅行登録システムです。

(2)JICA側からの受け入れ回答後の依頼者側の理由による訪問キャンセルや予定変更はご遠慮ください。訪問日時、訪問予定者・人数等をやむを得えず変更する場合は速やかにご連絡ください。

(3)現地において状況の変化が生じた際には、訪問をお断わりする場合があります。

(4)現地での日程変更に伴い諸経費の増額等が発生した場合、JICAは一切負担しません。

(5)JICAは、依頼者の渡航・視察にかかる一切の責任(当該国滞在中の行動、疾病、不慮の事故・事件等による傷害・失踪・死亡等ならびに所持品の盗難・紛失等)を負いません。依頼者ご自身の責任で必要な病院の手配、警察への通報、日本への搬送、保険手続きなどの一切の手続きを行ってください。

(6)宿泊場所、交通手段、通訳等は、依頼者にて手配してください。

(7)現地訪問に際しては、当該国・地域の文化・習慣を踏まえ、適切な服装、言動、視察態度にて臨んでいただきますようご協力をお願いいたします。

(8)学校向け教育旅行(スタディツアー)をアレンジされる旅行会社様におかれては、下記の事項にもご留意いただきますようお願いいたします。

  1. 企画の提案段階では、JICAへの直接の問い合わせはお控えください。JICAは、学校のスタディツアー等を受注した旅行会社様からの問い合わせのみに応じます。企画の提案段階では、JICAの関連HP等で記載可能な内容にとどめていただくようお願いいたします。
  2. JICAは、学校のJICA海外事業訪問の目的、スタディツアーの中での位置づけ等を踏まえて訪問の受け入れについて検討、調整いたします。
    受注旅行会社様におかれては、学校との間で研修目的や内容を十分に明確にし、JICAへご依頼をいただきますようお願いいたします。

よくある質問のサブカテゴリ一覧

  • よくある質問