田中理事長が国際熱帯木材機関のサックル事務局長と会談

2024.05.28

田中明彦JICA理事長は、5月27日、国際熱帯木材機関(International Tropical Timber Organization、以下ITTO)のシャーム・サックル事務局長とJICA本部で会談しました。

冒頭、サックル事務局長から、JICAとの業務協力協定に基づく過去10年以上のプロジェクト実施や国際会議でのイベント共催など、多岐にわたるJICAとITTOとの連携について感謝の言葉が述べられました。

これに対し、田中理事長から今年の生物多様性条約第16回締約国会議(COP16)、気候変動枠組条約第29回締約国会議(COP29)、来年横浜での開催が予定されている第9回アフリカ開発会議(TICAD9)や気候変動枠組条約第30回締約国会議(COP30)など重要な機会に向けて、ITTOとJICAの連携をさらに深め、各種国際会議での協働や発信を強化していきたい旨の発言がありました。

さらに、熱帯林の保全と利活用の促進における先住民やジェンダーに対する配慮の重要性、TICAD 9へ向けたサイドイベント共催の準備等について意見交換を行いました。

サックル事務局長(左)と田中理事長(右)

\SNSでシェア!/

  • X (Twitter)
  • linkedIn
一覧ページへ