国際緊急援助物資供与

被災地のニーズにあった援助物資を、迅速に届けます。

被災地の救援や復旧活動を支援するため、JICAは緊急援助物資を供与しています。緊急援助物資は、テント、スリーピングパッド、プラスチックシート(いわゆるビニールシート)、毛布、ポリタンク、浄水器の6品目を中心に被災地のニーズに合せて提供します。これらは被災直後に最も必要とされる物資です。被災地最寄りの備蓄倉庫から迅速に輸送され、被災者のもとに届けられます。
JICA は、緊急援助物資を、シンガポール(シンガポール)、マイアミ(米国)、ドバイ(UAE)、アクラ(ガーナ)(注1)、マジュロ(マーシャル)(注2)、コロール(パラオ)(注2)にある6カ所の倉庫に備蓄しています。

(注1)世界食糧計画(WFP)が運営する国連人道支援物資備蓄庫(United Nations Humanitarian Response Depot : UNHRD)
(注2)現地国のために設置された現地備蓄倉庫。現地備蓄倉庫から他国に物資を放出することは想定されていない

【画像】

物資

【画像】

テント

【画像】

スリーピングパッド

【画像】

毛布

【画像】

ポリタンク

【画像】

プラスチックシート

【画像】

浄水器