教師海外研修

JICA九州では7月下旬から8月上旬の夏休み期間中に海外研修を行っています。JICAの事業が行われている開発途上国に約10日間、海外における国際協力の現場の視察を通し、日本であまり知られていない開発途上国に対する理解向上を図っております。

参加者の方には、本研修での体験を生かし、国際理解教育の教材作成の実習を行っていただくとともに、九州における国際理解教育の推進にご協力いただくことが期待されております。

2022年度教師国内研修(九州・沖縄 合同実施)

JICA九州・JICA沖縄では、九州7県と沖縄の学校教員を対象に「教師国内研修」を実施いたします。教師国内研修は、講義、ワークショップ、フィールドワークを中心とした全7回のプログラムです。
研修での学びをもとに、学校の授業で実践するためのSDGsをテーマとしたオリジナルの参加型学習教材(ワークショップ)を作成することを目的としています。国際理解への視点を広げて授業作りをしていきたい方、SDGsに関心のある先生との繋がりを持ちたい方にお勧めの研修です。全7回の研修すべてに参加する必要があります。

応募は締め切りました。

2022年度教師海外研修(一般コース/九州・沖縄分)

新型コロナウイルスの状況を踏まえ、中止となりました。

ご応募を検討いただいていた皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いします。