ニジェール支所

所在地

地図

ニジェール支所地図

支所の沿革

1965 JICAの前身である海外技術協力事業団(OTCA)が2名の専門家を派遣(初の専門家派遣)、対ニジェール技術協力を開始。
1974 OTCAと海外移住事業団が統合されJICAが誕生。
初の無償案件が実施される。
1976 開発調査「輸送力整備増強計画」を実施(初の開発調査)
1978 ニジェール人研修員1名を日本に受入(初の研修員受入)。
1983 5月に日本・ニジェール両国政府間で「青年海外協力隊派遣取極」の交換公文締結。
1984 12月に青年海外協力隊調整員事務所を開設。
初代協力隊10名を派遣。職種はコンピューター技術2名、理数科教師1名、土壌肥料2名、病虫害1名、自動車整備1名、獣医師1名、上下水道1名、空手道1名。
1987 初の円借款がニジェールに供与される。
2003 5月に青年海外協力隊調整員事務所から駐在員事務所にステータス変更(コートジボワール事務所の兼轄から外れる)。
10月にJICAは事業団から独立行政法人国際協力機構に移行。
2004 1月に初の技術協力プロジェクト「住民参画型学校運営改善計画(通称:みんなの学校プロジェクト)」開始。
2005 青年海外協力隊派遣21周年記念式典開催。
2006 4月1日に駐在員事務所から事務所にステータス変更。
2011 2月にブルキナファソ事務所の支所にステータス変更。

人員体制

(平成29年5月12日現在)

計18名(うち職員1名)

所長:山形 茂生
事業支援要員 企画調査員(2)
現地スタッフ(所内)
  • 広報、庶務、調達業務補佐(1)
  • 事業支援要員(2)
  • 調達・経理会計関連業務補佐(1)
  • 安全対策クラーク(1)
  • 秘書/受付(1)
  • 運転手(2)
  • 警備員 昼3名/夜3名(6)
  • 清掃作業員(1)

所長あいさつ

帰国研修員同窓会