現在の場所は

「COVID-19を受けた途上国における民間技術の活用可能性に係る情報収集・確認調査」実施に向けた民間企業製品の募集について

2020年7月3日

(注)沢山のご応募をありがとうございました。2020年7月27日正午に募集を締め切りました。

JICAは途上国でのコロナの影響による社会構造の変化と事業機会を緊急的に把握することを目的として、ポストCOVID-19社会の実現に資する民間企業の製品・技術・サービスを広く募集します。
ご提案いただいた製品・技術等のODA事業への活用可能性及び当該国における販路拡大のための現地ニーズと課題の調査を民間企業の皆様に代わり、JICA委託のコンサルタントが調査を実施します。

COVID-19を受けた途上国における民間技術の活用可能性に係る情報収集・確認調査について

調査実施の流れ

(1)募集要項に記載の「申し込み先URL」にアクセスし、IDを取得後、必要事項をご記載ください。
(注)応募者多数の場合は、JICAにて調査対象企業を選定いたします。調査参加に至らない可能性があることを予めご了承ください。

(2)JICAが委託するコンサルタントが選定企業の技術活用可能性調査を実施します。
(注)この過程で選定企業様にヒアリング等が入る可能性があります。

(3)調査終了後、調査レポートを受け取り、今後のビジネスやODA事業への展開にご活用下さい。

募集対象技術・製品の分野

【A】地球環境分野:環境・水資源・防災(人々の生活基盤インフラ)
【B】経済インフラ分野:物流・運輸交通・都市機能・電力・エネルギー(経済活動のためのインフラ)
【C】保健医療分野:感染症対策強化・健康のための栄養改善
【D】教育・社会保障分野:教育サービスの維持・労働安全衛生・社会的脆弱層を取り巻く課題

調査対象国

アジア:ベトナム、インドネシア、インド、フィリピン、(バングラデシュ(注1))
アフリカ・中東:ケニア、モロッコ、(エジプト(注2))
中南米:ブラジル、メキシコ

(注1)【C】保健医療分野のみ、バングラデシュも対象国となります。
(注2)【B】経済インフラ分野及び【C】保健医療分野のみ、エジプトも対象国となります。

募集期間

2020年7月3日(金)~7月27日(月)正午〆切

応募方法

募集要項に記載の応募方法に沿ってご応募ください。

募集説明会のご案内(注)実施済み

2020年7月8日(金)にオンライン募集説明会を実施しました。

お問い合わせ先

独立行政法人国際協力機構(JICA)
民間連携事業部 中小企業・SDGsビジネス支援事業窓口 

(注)お問い合わせの前にFAQのご確認をお願いします。

(注)2020年7月20日更新:2020年7月8日に実施した募集説明会での質疑応答内容をFAQへ反映しました。

以上

過去の募集テーマ・イベント一覧

案件事例検索

採択案件の詳細情報をご紹介。

案件検索ページへ

PAGE TOP