草の根パートナー型って何?

草の根パートナー型-豊富な経験を活かして-

草の根パートナー型は、開発途上国への支援において、一定の実績を有しているNGO等の団体が、これまでの活動を通じて蓄積した経験や技術に基づいて提案する開発途上国への国際協力活動をJICAが支援する事業です。

【画像】

マレーシア/地域コミュニティの安心と安全向上のための災害リスク理解に基づく防災力強化プロジェクト/国立大学法人東北大学 災害科学国際研究所

草の根パートナー型の基本情報

対象となる団体

国際協力の経験が豊富なNGO等非営利団体、大学、公益法人、民間企業(非営利活動)

草の根パートナー型については、日本の法人格を有していること、且つ開発途上国・地域への国際協力活動の実績が2年以上あることを資格要件とします。

また、団体の能力・運営基盤に応じて事業を実施できるよう、直近2会計年の「開発途上国・地域への国際協力活動の支出実績」の年平均額が、提案する事業費概算総額の各年平均(提案する事業費概算総額を事業実施予定年数で割った額)と同額以上であることも要件となります。

(注)応募の資格要件は他にもあります。詳細は募集要項をご覧ください。

事業規模・期間

規模:総額1億円以内
期間:5年以内

(注)選考は、団体の開発途上国・地域への協力活動の支出実績に応じたカテゴリーごとに行います。

募集について

年2回(春と秋)(注)募集回数・時期については年度毎によって異なる場合がございます。
募集要項には、さらに詳しく留意事項、審査の視点等について説明しています。

なお、2015年度募集よりJICA国内拠点での応募前コンサルテーションが必須となっています。東北6県(青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県)に所在する団体で、応募をご検討の場合には、JICA東北にご相談ください。

実施事例

実施事例は以下のリンク先からご覧ください。
(注)リンク先にある一覧表の「JICA担当機関」欄から拠点名を選択することで拠点ごとの案件の抽出が可能です。

お問合せ先

JICA東北市民参加協力課
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービルディング20階
電話番号:022-223-4772
ファックス:022-227-3090
メール:thicjpp@jica.go.jp