ガーナ 野口記念医学研究所(野口研)への協力

感染症検査、研究、人材育成の中核拠点

【画像】

野口研設立記念式典

  • 約50年間、8件の技術協力によるソフト面と4件の無償資金協力によるハード面で中核研究拠点としての支援を継続して実施
  • 2010年以降、JICA支援のもとで共同研究協力を2件実施(国際機関や世界の大学等との共同研究多数)

新型コロナウイルス感染症流行下における野口研の貢献

【画像】

日本人専門家と野口研関係者協議

  • ガーナ国内の新型コロナウイルス感染症のPCR検査数のうち、ピーク時で8割が野口研で検査。
  • テレビ放送でガーナ国内の検査状況や検査手法をわかりすく説明、国民への感染防止に対する啓発活動にも注力

JICAの協力

【画像】

ガーナ人研究者の育成

  • (新型コロナウイルス感染症対策支援)マスク、使い捨て検査用白衣、自動RNA抽出装置、RNA装置検査キット、その他検査用試薬の資機材供与
  • (実施中)感染症サーベイランスと腸管粘膜感染の共同研究協力
  • (実施中)感染症対策人材育成のための留学生受入れ
  • (予定)ラボの安全・質管理安全向上の技術協力

周辺国への波及

【画像】

日本の研究機関と野口研の研究協力

  • 近隣の西アフリカ11か国の感染症の検査の指導を実施、地域の感染症対策の指導的役割

JICAの協力

【画像】

先端感染症研究センター

【画像】

西アフリカ諸国対象の研修

  • (実施中)西アフリカ地域向け感染症対策の検査能力強化研修