開発教育指導者研修

【画像】

【画像】

開発教育指導者研修の様子

開発教育・国際理解教育に関心のある東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)の小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、高等専門学校、特別支援学校の教員、教育委員会職員、自治体職員、NGO・NPO職員、JICAボランティア経験者等を対象に、ワークショップの体験・実演、プログラム構築など、開発教育・国際理解教育を授業で実践できる指導者育成のための研修です。

初級編

初めて開発教育・国際理解教育に取り組む人材を対象とし、開発教育・国際理解教育を授業等で実践することを目的として、ワークショップ(参加型学習)の体験・実演、国際理解教育の概要説明等を東海4県の各県で行っています。日程・研修内容・募集方法などは下記お問い合わせ先までお問い合わせください。

-過去の初級編開催例-

愛知県:「愛知県開発教育指導者研修(初級編)」
場所:JICA中部 なごや地球ひろば
主催:JICA中部
岐阜県:「岐阜県開発教育指導者研修(初級編)」
場所:岐阜総合教育センター
共催:岐阜総合教育センター(岐阜県教育委員会)
三重県:「岐阜県開発教育指導者研修in三重(初級編)」
場所:三重県松阪庁舎
主催:JICA中部、三重県、三重県教育委員会
静岡県:「国際理解教育ファシリテーター養成リレー講座」(全4回講座)
場所:クリエート浜松
主催:JICA中部、(公財)浜松市国際交流協会、はままつ国際理解教育ネット

実践編

ワークショップの体験・実演、プログラム構築の手法などを学び、実際に開発教育・国際理解教育を授業で実践していけるよう、この地域における開発教育・国際理解教育の中核的な指導者を育成する研修です。

プログラムは連続講座です。年4回程度JICA中部にて開催しています。詳しくは、募集要項をご覧ください。

2018年度 開発教育指導者研修(実践編)募集要項

2018年度の募集は終了しました。

研修報告

これまでの開発教育指導者研修(実践編および上級編※)の研修内容を紹介します。

※開発教育指導者研修(上級編)は平成23年度より開発教育指導者研修(実践編)に名称変更いたしました。

授業実践報告

これまでの開発教育指導者研修(実践編および上級編※)受講者の授業(活動)実践例を紹介します。

※2017年度の実践報告は、「研修報告」と合わせて掲載していますので、上記「2017年度開発教育指導者研修(実践編)報告書」をご覧ください。

※開発教育指導者研修(上級編)は平成23年度より開発教育指導者研修(実践編)に名称変更いたしました。

お問い合わせ

初級編:

実践編: