研修員の学校訪問

【写真】

2018年度第2・3回の募集を開始しました。
今年度は合計5回の実施を予定しています。

JICA中国では年間約100か国から500名以上の研修員を受け入れています。

生徒・学生、教員の皆様にとって開発途上国や異文化に触れて、知って、考えるきっかけとなるよう、また研修員にとって日本社会・学校教育を体験し、理解を深めるきっかけとなるよう、研修員が中国地方の小・中・高校・高等専門学校・特別支援学校を訪問して直接交流する学校訪問を実施しています。
第2回は終日学校訪問が可能となっております。第3回は研修プログラムの都合上、午前か午後の半日のプログラムに限定して募集します。「研修員とのふれあいの時間を持ちたい!」という学校関係者の皆さま、この機会にぜひご応募ください。

月日 主な出身国名
第1回 2018年9月28日(金) カンボジア、ネパール、バングラデシュ、ミャンマー、モンゴル、ラオスの6か国(予定)
第2回 2018年11月5日(月) アフガニスタン、エジプト、カンボジア、ケニア、ザンビア、セネガル、ネパール、パレスチナ、バングラデシュ、マラウイ、ラオスの11ヶ国(予定)
第3回 2018年12月3日(月)/4日(火)/5日(水)のいずれか応募校が希望する日 ウガンダ、エチオピア、ガーナ、ザンビア、マラウイ、ルワンダ、南アフリカ共和国の7ヶ国(予定)

詳細については募集要項をご覧ください。

【写真】
【写真】
【写真】

【参考】交流プログラム作成のコツ

学校訪問レポート