企画展示

「SDGsのコト、本気で考える展」(2022年3月1日から9月1日)

【画像】

JICA地球ひろばでは、2022年3月1日(火曜日)から9月1日(木曜日)までの期間、企画展示「SDGsのコト、本気で考える展」を開催します。

「SDGs持続可能な開発目標」は、2015年国連サミットで採択されたより良い世界をつくるための取り組みです(注)。貧困、紛争、気候変動など、経済・社会・環境をめぐるさまざまな課題を17の目標と169のターゲットとして設定し、各国政府、自治体、NGO、民間企業から個人にいたるまで世界中のあらゆる人たちを巻きこんで、大きな変化を生み出す「変革」に取り組もうというものです。そして国連では、2020年から2030年までを「行動の10年」として、具体的なアクションのスピードアップと規模の拡大を呼びかけています。
SDGsが目指す「誰一人取り残さない」世界を実現するには、私たち一人ひとりが、さまざまな課題に向き合い、「変革」を伴った取り組みをおこなうこと、そしてそれを継続することが求められています。この企画展を通じて私たちみんなでナニができるか、世界の課題と取り組みについて本気で考えてみませんか。そして、それをアクションに変えてみませんか。

(注)「Transforming our world:the 2030 Agenda for Sustainable Development(我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ)」の一部として採択されました。

企画展示「SDGsのコト、本気で考える展」のご案内チラシはこちらよりダウンロードできます。

展示・イベント情報