所長挨拶

【画像】

JICA九州のホームページをご覧の皆様、日頃より皆様には大変お世話になり、厚く御礼申し上げます。

当センターは、北九州市を始めとする地元の皆様のご尽力により、1989年に3月に設立され、本年で28年目を迎えました。設立後、ずいぶん長い時間がたちましたが、残念ながら、まだまだ当センターのことを御存じのない方は多いようですので、もっともっと広報活動に力をいれなければ、と思っているところです。

当センターは、国際協力機構(JICA)の全国に14ヶ所ある国内拠点の一つであり、九州におけるJICA事業を担当しています。センター内には、約140名が宿泊できる宿泊施設や講義室があり、毎年約1,000名にも上る、アジア、アフリカ、中南米、大洋州等の様々な国や地域の行政官や技術者が、政府開発援助(ODA)による技術研修員として、日本の技術を学ぶために滞在しています。
センターの食堂や図書室は一般の方もご利用できますので、是非一度お寄りください。いろいろな国の研修員とお話しいただけるかもしれません。

また、研修以外にも、当センターの業務は多岐にわたっています。海外で活動していただく日本人のボランティアの皆様の募集活動や、自治体や大学、民間企業様などの国際協力事業をサポートする草の根技術協力事業や中小企業支援事業、さらには、学生の皆様や先生方を対象とする開発教育支援事業なども担当しています。

開発途上国の事を知りたい方や、実際に国際協力活動に参加されたい方など、様々な形での参加が可能ですので、ご関心ある方はいつでもご相談ください。

当センターは、九州地域におけるJICAの窓口として、これからもより一層、九州も元気にする国際協力を目指して、いろいろな活動に取り組んでいく所存です。皆様のご支援、ご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

JICA九州
所長 植村 吏香