セミナー、研修会など

国際理解を深めたり、国際理解教育のスキルアップを図るため、様々な研修会を開催します。

ふくしまグローバルセミナー2015・ユースコース

昨年まで12月に開催されていた「ふくしまグローバルセミナー」が、装いも新たに今年度ユースコース(旧ユース国際協力ミーティング)と並行して9月に開催されることになりました!!

ホームページ:
日時:
9月下旬の土日
場所:
JICA二本松

【ふくしまグローバルセミナー】(高校生〜一般の方)

紹介:
地域や学校現場などで国際理解を促進し、地球市民意識の向上を図る人材を育成するための1泊2日のセミナーです。
目的:
地域や学校現場などで国際理解を促進し、地球市民意識の向上を図る人材を育成する。
内容:
様々な国の文化紹介
JICA二本松教師海外研修報告
微笑みの向こう側−タイ山岳少数民族の貧困と連鎖−

【ユースコース】(高校生限定)

紹介:
ゲームやディスカッションなどを通じて、国際協力やボランティアについて理解を深めるセミナーです。
目的:
国連、青年海外協力事業などのODA事業の紹介を通じて、国際協力・ボランティアについて理解する。
自発的に考え、行動できる地球市民を育成する。
今年のテーマ:
『水』
地球上では水を取り巻く様々な問題が発生しています。この2日間、高校生同士で、水を切り口に様々な角度から国際協力について考えていきます。
主催者:
【主催】FIENET(福島県国際理解教育ネットワーク)
福島県・福島県教育委員会・JICA二本松・ふくしま青年海外協力隊の会・(財)福島県国際交流協会
お問い合わせ:
福島県生活環境部国際課(グローバルセミナー担当)
電話番号:024-521-7183
ファックス:024-521-7919または024-521-8308
Eメール:kokusai@pref.fukushima.lg.jp

国際理解指導者研修会〜出張型〜〔対象:学校・社会教育関係者他〕

【画像】

学校や公民館、PTA、NGOなどが主催する指導者向け研修会に、様々な国際理解教育のアクティビティの進行について経験豊かな講師を派遣します。

日時:
7月〜(年8回程度)
ねらい:
国際理解教育を深めるための様々な視点や考え方、進め方、教材等について学ぶ場を提供することで、担い手の育成を図る。
内容:
  • 国際理解教育のねらい
  • 様々なアクティビティの進め方とそのポイント
所要時間:
3時間(応相談)
派遣人員:
1名
必要物品:
要相談
問い合わせ:
(財)福島県国際交流協会 電話:024-524-1315
主催者等:
【主催】(財)福島県国際交流協会、JICA二本松
【後援】福島県教育委員会

教師海外研修 〔対象:福島県内の教員・教育指導主事など〕

開発教育の授業などの実践活動をより充実したものとするため、国際協力の事業現場を直接見て現場感覚や生の情報(教育素材)を増やしたい方へ

研修スケジュール:
事前研修 6月〜8月 2回程度(土・日)
海外研修 夏休み期間中の10日〜2週間程度
事後研修 12月上旬の土日 ふくしまグローバルセミナーでの講座実践
実践報告会 1月下旬
ねらい:

国際協力の行われている開発途上国の現場視察を通じて、国際協力の在り方やそれに関わる日本との相手国の人々の相互関係や交流について考えていただくと共に、実際に授業で使える情報や素材を持ち帰っていただいて、福島県での国際教育・開発教育の一層の充実に役立てていただきます。

また、この研修への参加教員が、福島県内の国際教育・開発教育実践者をつなぐネットワークの推進者となっていただけることを期待しています。

内容:
【写真】

バングラデシュのこどもたち

  • JICAボランティア活動現場視察
  • JICA開発協力プロジェクト、技術指導専門家活動視察
  • 教育機関や社会活動団体等の視察、交流、意見交換など
問い合わせ:
JICA二本松 電話:0243-24-3200
主催者等:
【主催】JICA

JICAインターン〔対象:大学院生〕

国際協力・開発援助にかかわりの深い研究を行い、将来同分野において活躍することを希望する大学院生に対し、JICA本部、国内機関、在外事務所、技術協力プロジェクト現場における実務実習を通じて、国際協力・開発援助についての理解を深めると同時に、同分野の研究を深める機会を提供します。

募集時期:
4月から5月
内容:
JICA本部、国内機関、在外事務所、NGOなどで、実習を通じた実務経験と研究を深める。
ホームページ:
問い合わせ:
JICA 国際協力総合研修所 人材養成グループ インターン担当 または、JICA国内機関
主催者等:
【主催】JICA