現在の場所は

サラヤ株式会社

【画像】

国・地域:
ウガンダ エンデベ(中南部)、ゴンベ(中部)

企業:
サラヤ株式会社
「衛生・環境・健康」の分野で世の中に様々な商品やサービスを提供。特に「手洗い」関連商品や「予防」ビジネスモデルを推進しています。

事業概要:
アルコール手指消毒剤を現地生産。医療従事者へ手指消毒を普及させるため、ポスター、プロモーションビデオ、建物の外壁広告、国際シンポジウムでの講演、インストラクター派遣等により教育を実施。

直面したリスク:

以下では、具体的な対応策をご紹介します。

BOP層の抱える課題

ウガンダでは安全な水が確保出来ず、手洗いの習慣が浸透していません。そのため、予防が可能な下痢性疾患や急性呼吸器性疾患により、5歳未満の子どもの約1割が命を落としています。

こうした状況は医療施設でも同様で、適切な衛生環境が整っていないために、予防可能な院内感染が発生し、乳幼児及び妊産婦の死亡率が高くなっています。

企業活動を取り巻く環境・背景

同社は、衛生製品メーカーとして、創業時より「衛生・環境・健康」の向上に貢献し、2010年からは、"衛生問題が原因で失われる命を守りたい"と、ウガンダでユニセフ(UNICEF:国連児童基金)の手洗い促進活動を支援する「SARAYA 100万人の手洗いプロジェクト」を実施しています。

その取り組みと並行して、村の住民だけでなく、医療機関での手洗いも徹底させるべく、2011年よりJICAとの連携により、医療機関への消毒剤本格導入に向けた活動を開始しました。

課題解決アプローチ

ウガンダなど途上国の医療機関で手洗いが徹底されていない理由のひとつは、手洗いに必要な安全な水が十分に確保できないことです。水道からの給水は1週間のうち数回しかありません。そしてその水は雨水を活用したものですが、煮沸しても医療機関で使える安全な水にはなりません。ユニセフが石鹸による手洗いの普及を目指す一方、同社は水が不要なアルコール手指消毒の普及をめざしました。

同社は、2011年に現地法人SARAYA EAST AFRICAを設立。現地法人を中心に、JICAやユニセフなどの支援機関と連携しています。たとえばJICAとの連携では、協力準備調査(BOPビジネス連携促進)の制度を活用し、製品普及に向けた体制づくりをめざしました。その活動においてパイロット病院としたゴンべ病院は、JICAが公立医療現場でのサービスの質向上を目指す5S(Sort, Set, Shine, Standardize, Sustain)プロジェクトを行っている病院でした。それにより、現地の慣習に精通し、医療経験も豊富な海外青年協力隊スタッフの協力を得て活動を進めることができました。

また、新たにスタッフを雇用し、衛生啓発、院内感染予防、手指消毒に関する知識の普及を担うインストラクターとして育成する「インストラクター制度」を作り、医療機関における衛生教育を行っています。インストラクターたちは定期的にパイロット病院に派遣され、医療従事者たちのアルコール手指消毒剤の使用状況を調査しています。さらに、その結果をより効果的な啓発活動の実施に活かしています。

インストラクター以外にも、同社は製品の現地製造によって現地の人々にも雇用機会を提供しています。ウガンダではアルコールの原料となるサトウキビ生産が盛んに行われています。サラヤ製品のアルコール手指消毒剤は、サトウキビから砂糖を作る過程で発生する廃糖密を原料として製造されます。現地で原料を調達し、現地パートナー企業の協力のもと、同社が持つ日本の技術を活かして製造することで、原価を抑え、適正な価格でアルコール手指消毒剤の供給を可能とする工夫がなされています。

ビジネスを通じたBOP層の課題解決

【画像】

パイロット病院であるゴンベ病院では、手指消毒剤の普及活動を継続することで、院内感染発生率の低下による妊産婦死亡率の減少が確認されました。こうした成果を、同病院のルレ院長が2013年開催の東アフリカ感染症会議で発表すると、その後、保健省事務次官が全ての国立医療施設への導入を宣言するなど、全国的な規模に拡大する可能性も出てきています。

また、インストラクターに対して徹底したトレーニングを行うことで、インストラクターを通じた医療従事者の衛生教育の強化、さらに、その先の現地BOP層の衛生意識の向上を通じて、地域の感染症予防に貢献しています。

同事業による課題改善の効果は、衛生面の他にも見られています。インストラクター制度の導入、アルコール消毒剤の現地生産により、現地BOP層には新たな雇用機会が生まれ、所得の安定につながっています。同社は、このような、現地に根付いた、幅広いステークホルダーにメリットをもたらす事業をウガンダで確立し、今後はそれを基点として、東アフリカが抱える社会的課題に取り組むことを目指しています。

事例・参考情報

案件事例検索

採択案件の詳細情報をご紹介。

案件検索ページへ